数年前ブログを書き始めた頃、現実はもちろん、ネットの中でもなかなか出会えなかった難聴ママ。私以外にも同じ気持ちで苦しんだり悩んだりしている人が、たくさん世の中にいるんですね。
今週末の親子レクが憂鬱だと相談したら、色々とアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。

みなさん平坦な道のりではなかったはずなのに、明るく前向きでまぶしかったですきらきら
試行錯誤しながら、傷つきながら、体得してきた方法は、
重みがあり、具体的で、実戦的で、とても勉強になりました。

それに、私一人じゃないってことがなによりの収穫。
今までも、この道を歩いてきた人たちがいたのだと。
そして今も同じ道で、同じようにがんばっている仲間がいるんだと。

これからが本番だけど、もう終わったかと勘違いするくらい心が軽くなりました。

ちなみに、解決法を列挙すると…
・難聴であることを自己紹介する
・理解者に、誰か一人でも声をかけておく
・体を触って合図してもらう
・やっぱムリと思ったら、やり過ごす(無理してまで会話しない)

なんでもイベントって事前準備が8割ですよね。
今日までにやっとけばよかったこともありますが、とりあえず今週末がんばります。
仕事でも、打ち合わせや会議の前に根回しすると楽って知ってるくせに、
なんでプライベートだと事前準備も根回しもおろそかになるんだろう。。。反省。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無力感、無価値観、自責感。…そして自己肯定
ここ数日、たまたまにしてはネットでも本でも、この言葉が目につきました。
今、流行っているという言葉でもないのに、どうして心に残るんでしょうか。
この言葉が今の自分の心の声を代弁していたり、問題を解決してくれる糸口なのかも。

私が感じてる無力感、無価値観、自責感。
上で楽になったと言いつつも、打ち消せない負の感情。
「私なんかが話しかけて迷惑なんじゃ…」
「いつも手を振って仲間に入れてくれるけれど、本当はどう思ってるんだろ…」
「私じゃなくて、他のママさんたちと話してる方が楽しいんじゃ…」
「難聴のことを説明してうざくないかな…」
「私だけじゃなくて、子供まで変な目で見られたりしないだろうか…」

まぁー、負の感情だらけだこと!

難病患者は抑うつ傾向になりやすいそうで、私も気づかないうちにそうなってたんでしょうか。難病と障害で、私の自尊心はズタボロです。自己評価は下の下の下です。

一生続く闘病生活。周囲の無理解。学業、就労、結婚、出産・育児への不安…。
原因を考えれば、枚挙にいとまがありません。


些細なことで凹んで鬱々するのは薬の副作用でもあるのかもしれないですね。

難聴を告白して、相手がちょっと戸惑った表情を見せる。
それだけで世界から拒絶されたような錯覚に陥ったこともあります。
さすがに病んでると自覚しましたが、そう感じる自分を止められなく、
その事実にまた凹み、もんもんとします。

鬱屈した自分が認められず、反動で、妙に明るく振舞う自分もいて、
本当の自分はどこにいるんだろうかと。

昔の私に戻りたい!

難聴や難病に悩まされることなく、
明るく素直で、心身ともに健康だった自分(思い出補正で美化されてます)
あのころに戻りたい。

愚かですよね。よく分かってます、自分が一番よく分かってます。

よし、そんなこと考えてる自分はいないことにしよう。
ブログに書くのもやめよう。
難病や障害の情報から距離を置こう。


くさいものにフタをしよう。

ここ数年はそうやってやり過ごしてきたのかも。

自分の殻に閉じこもって、安全地帯をつくって、
自分の心の声を無視してきたのかもしれません。

自分を認めて、自分を受け入れて、自分を許す。
自己肯定する。

まぁ。これがなんと難しいことか。
世の中で、「レリゴー」が流行るわけですね。

自分の本音を無視しない。
というわけで、もう少し暗い話(愚痴)が続きます。
 


【カテゴリー:難聴 de 育児】  |t.0 |comments(4) |▲TOP▲|

コメント
「レリゴー」ってホントに、そうですね。

ありのままに・・・

この映画 大好きなのは、
引きこもってたエルザがこれじゃいけないと、ありのままに生きようとする姿に共感したからなのかなと思います。

風が心にささやくの このままじゃだめなんだと
とまどい傷つき誰にも打ち明けずに
悩んでた、それももうやめよう
ありのままの姿みせるのよ 
ありのままの自分になるの
ありのままでそらへ風に乗って
ありのままで飛び出してみるの


聞こえてた耳が ある時瞬く間に聞こえなくなった。
こんな衝撃はないです。

私のように、じわじわ何十年もかかって落ちていくのも苦しいものがあったけど

結婚してさあこれから第2の人生というときに耳が聞こえなくなったみみべ〜さんの気持ち、

そんな簡単に元気になれないのは当然です。

私の場合、難聴が始まった初期から20年以上難聴を受け入れられていませんでした。
最近やっとです。
まあ、それは受け入れるのに20年以上かかったってことですから・・・

ありのままでいいの〜と思えるようになった今
発症から30年かかっています。

酷いノロノロっぷりですよね(苦笑)

不満、愚痴、無力感 いっぱいあって当たり前。


思いを吐き出すことや、また、何も言わず静かに考えることや
何も考えず過ごすことや
そのどれもがその時その時に応じて大切な行動、必要な行動なんじゃないかしら。。。

私は、20年以上誰にも吐き出す人がいなくて
一人でずっと持ったまま、抱えて過ごしていました。
親にも言えませんでした。

ネットというものが現れて、やっと言えたんです。

もっと早くにこういうものがあれば良かった〜と思いますが
時代が時代ですもんね〜(笑)

今は、こうして同障の人と話ができること
私は本当に有難い事だと思っています。


みみべ〜さん、ありのままに・・・いきましょう〜。


  • ぷーどる
  • 2014/06/12 9:48 AM
みみべ〜さん、こんばんは。

色々と葛藤がおありのようですが、ちゃんと前向きに頑張っておられるようで
えらいな〜と思います。

こればかりは同じ立場にならないと
この辛さはわかりませんよね。

私も子供が大きくなって、そこから脱したつもりだったのですが
息子の野球部のお母さんの集まりがあって
いつまでも行かないのもダメなような気がして
行くようになりました。

やっぱり聞き取れないことが多いのですが
難聴であるということを理解して下さる方が
意外と多くて、色々と助けてもらいました。

今日はそのお母さんのひとりと会うことになり
ちょっと心配だったのですが、杞憂に終わりました。

まあ、彼女の友達に難聴者がいるというのもあるのですが
わかりやすいように喋って下さるし
聞き返してもちっとも面倒くさがらずに答えてくれるし
会うのに臆病だった私ですが、本当に勇気を出して
よかったなと、幸せな気分で帰ってきました。

私もちょっぴり自己肯定できそうな気がしてきました。

前にみみべ〜さんに教えてもらった動画ですが
私もちょっと気に入ってるものをご紹介します。
よかたら見てみてね。可愛いよ〜。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/pec621dba3f40dfa72c2f10bd5c2a62e6
  • ナオ
  • 2014/06/12 11:13 PM
ぷーどるさん★
重〜く、暗〜い内容にコメントを書いてくださってありがとうございます。
ありのままのいろんな自分を受け止めてくださって、嬉しいです。
どんな自分も、私は私なんですよね。

「レリゴー」の歌詞について私も思うところがあり、
コメント欄に書くのにはあまりにも長すぎるので、
ブログの方に書こうかと思ってるのですが、
戸惑って傷ついていたのは「力」ではなく、
「力に対しての負の感情」なんですよね、きっと。

人と違うことをカミングアウトするのも大変ですが、
それによって傷ついていることを素直に伝えることのむずかしさ。

精神的に大人であればあるほど、容易ではないと思います。
周囲の求めてる姿や、社会の規範を知っていれば知っているほど、がんじがらめになってしまうと思います。

ネット上だからこそ言える。
同じ立場の人にだけ言える。

20年以上親にも言えない…想像するだけでズシンときます。
ほんと、今の時代は恵まれている、いい時代ですね。



>思いを吐き出すことや、また、何も言わず静かに考えることや
何も考えず過ごすことや
そのどれもがその時その時に応じて大切な行動、必要な行動

こんな全肯定の嬉しいお言葉をいただいてしまうと、ごりっと固まった感情が氷解してしまいそうで、ちょっとあせってます。(嬉しきもちの方が大きいですが)
なぜあせってるかというと、この暗い日記はさしずめエルサが家出したあたりなもんで。

これからお城を作って、ごにょごにょ(ネタバレになるので自重)するんで、もうちょいお付き合いくださいね(*^^)
  • みみべ〜
  • 2014/06/12 11:44 PM
ナオさん★
かわいい動画!これって絶対感動してますよね!
赤ちゃんでもこんな表情するんですね〜。

ナオさんの体験、いい話ですね。
幸せのおすそ分けをいただいて、勇気がわきます。
自分が思っている以上に助けてくれる人はいるし、
世の中捨てたもんじゃない。
勇気を出して動いてみれば、案外大丈夫なもんですよね。


でもでも、
どうして、こう怖じ気づいてしまうんでしょうね。。
どうして負のイメージが払しょくできないんでしょうね。
みなさんの励ましやアドバイスのおかげで9割がた「なんとかなるさ〜」って思ってるのに、やっぱりちょっと不安なんです。



先日、FBで
http://www.lovepiececlub.com/lovecafe/mejirushi/2014/04/21/entry_005122.htmlが流れてきたときに、話の内容よりも【ゲシュタルトセラピー】が気になりました。
そして、私なりに真似してみたいなと。

自分に嫌なことをした相手の立場に立ってみるセラピーで、
ここに解決の糸口がありそうな予感がしました。

でも、これは自分がつらかったこと、嫌だったことを自覚しないとできないんですよ。だから負の感情を思いつくまま書き出しました。
中途半端に書かず、思いっきりネガティブなこと吐き出そうって。

読んでてぎょっとされたかもしれないですね(^_^;)


でも、これ、本番はこれからです!!(うひゃー)


上記URLのコラム連載にも出てくる田房永子さんの『呪詛抜きダイエット』(Web漫画)もなかなかヘビーな内容ですが、これまた、ずしっと今の自分には必要なアドバイスに感じてます。◆http://www.daiwashobo.co.jp/web/html/tabusa/backnumber.html


いつも心配して、励ましてくれて、寄り添ってくださってありがとうございます。
  • みみべ〜
  • 2014/06/12 11:53 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode