リアル10巻を障害者視点で読んで

リアル10巻


リアル10巻を読みました。
また今回も泣きました。

知らない人のために端的に言うと、
これは「バスケ×障害」の漫画。
(作者は超有名漫画「スラムダンク」を描いた井上雄彦)


主人公は3人。(高校生)
車いすバスケの選手、戸川。
交通事故で下半身麻痺になった高校バスケキャプテンの高橋。
その高橋にバスケ部でいじめられ退学になった
バスケ大好きヤンキー?野宮。


この「リアル」というタイトルを、
どういう意味で作者がつけたのかは知らないけれど、
「障害者」を聖人扱いせず、
いいことも悪いこともありのままに伝えている「リアル」な本だと思います。
それ以外にも親子の関係や、高校生活、仲間などを
夢物語でも理想論でもなく「リアル」に描いています。


読み始めた時は健聴者だったことも手伝って、
「障害者」が主人公というのは、
「なにか」を背負っている人を描くための
ただのアイコンやフィルターだと思ってました。

彼らの過去や視点を通じて、
人間関係、生き方について考えさせられる本だと思ってました。

いや、もちろんそれは今も変わらないんだけど、
今は、障害者視点の「あるある」本として
自分の思いを「リアル」に代弁してくれる本になってしまったのは
なんともいえない皮肉です。

視点を変えれば、
私の「あるある」がたまたま「障害者」だけど、
ある人にとっては、バスケだったり、親が離婚してることだったり、
またある人にとっては、いじめにあっている描写だったり、事故の加害者だったり
他にも私が思いつかないような視点での「リアル」がぎゅっと詰まっていそうです。


さてさて、
泣いてしまったというのは、高橋くんの一言。


※以下ネタばれあり


「しがみついていくしかないんだ」って一言に、涙。


障害を持つまでの高橋君は、クラスの中心的存在で、
高校バスケ部のキャプテンで、女の子にもモテまくっていて
何も怖いものもなく、自分をランク付けるとしたら
間違いなくAランクだと自負しています。


ところが、事故をきっかけにどん底へ。

下半身が動かないこと、
しかも二度と回復しないことを通告され、
自分はEランクどころか底辺だと思うように。


足を失っていきなり車いす生活ができるわけなく、
訓練の必要があるのですが、
あまりにもハードな上に、
車いす人生に対して明るい未来が描けないため
モチベーションの維持ができません。


わりと、彼の考えに、自分の考えがシンクロしてしまいます。


障害者だからって、
何に対しても素直に頑張ったり、くじけないというわけじゃないってこと。
障害を受け入れることの難しさ、
かつての仲間たちと隔たれた孤独感。


それが高橋君からはビシバシ伝わってきます。


で、「やる気」がなかなか出ない高橋君が
ついに10巻にして、「車いすバスケ」と対峙するわけです。
昼のリハビリの時間に久々に触ったバスケットボールと、
車いすバスケのメンバー。

普通の漫画なら、ここで
「へい!一緒にバスケしようぜ(キラーンと満面の笑顔)」
「いいぜ!」
と爽やか青春が繰り広げられる所ですが、
そうはいかないのがこの漫画。


ただ、高橋君は見学するだけです。
でもそこで、久々にバスケットボールに触り、
選手にパスします。

たった、それだけなんですが、
彼の中で何かが変わった。


そして、夜、一人でこっそり体育館に向かってしまう。
「しがみついていくしかないんだ」って。



みっともなくても、
他人からみたら小さな一歩でも、
それでも、自分でみつけた「何か」にしがみついた高橋君に拍手を送りたい。
自分もしがみつかないとなって、胸がいっぱいになりました。


ここまでの苦しい道のりをよくぞ乗り越えたね!っていう親心でほろり。
障害を受け入れて、それでも前を向かないといけないんだよねと共感して、ほろり。
生きていくって、キレイごとじゃないんだよって、またほろほろり。


ここまでずっと葛藤して、苦しんできて、
何か壁を乗り越えても、また次の壁に阻まれる姿を読んできているので、
ようやくちょっと彼を支える柱になりそうな展開にホッ。
高橋君、ぜんぜんいい子じゃなくて、むしろ嫌な奴なのに、
良かったな〜って思っちゃいました。


話はだいぶそれますが、
この本を読んでいたおかげで、だいぶ助けられました。

障害を受け入れていくときに、
無理にがんばらなくてもいいって心の余裕が生まれこと。


あと、恥ずかしい話ですが、
毎日おそろしいスピードで難聴が進んでいって、
同時にめまいと吐き気と腹痛も酷くて、
一人で日常生活を送ることが困難だったとき、
正直、もう生きていくのが辛いと思っていた日々がありました。
どうやったらだれにも迷惑をかけずに人生を終えることができるんだろうって
ことばっかり考えてました。

でも、そのとき「子供を残しては死ねない」って思ったんですよね。
なんでそう思ったんだろ〜ってよくよく考えてみたら、
この本で、父親が突然いなくなった子供の哀しみが描かれていて、
そこで大号泣したことがあったんですよ。

子どもにとって、親の存在がいかに大きいか。


この漫画の中で、自分がいなくなった後の息子の哀しみを
仮想体験できたから、今も私は生きているのかも。


そのときの感情が心のどこかに残っていたから、
今の自分がいるんですね。


有名漫画家がこの題材を扱ってくれていてよかった。



と、障害者視点でこの漫画の感想を語ってみました。
それ抜きでも十分面白いです。
今も昔も泣ける本です。


【カテゴリー:障害者関連】  |t.0 |comments(14) |▲TOP▲|

コメント
ごぶさたしています。お元気ですか?みみべーさんはどうしているかな?とお邪魔してみたら、久々の更新があり、うれしく思います。

リアル、私も読んでます。さて、何巻まで読んだかな?発行ペースが遅くて、チェックがおろそかになりがちです。本屋に行かねば(笑)

高橋君、スイッチ入りましたか。どちらか言うとイヤなキャラですよね(苦笑)投げやりなところまでしか読んでいないので、また感想アップしますね。

さて、仕事に入ります!
  • むささび
  • 2011/04/11 8:35 AM
どうもどうも。
実はこの記事は去年末くらいに下書きして放置してたので今更な日記なのですが、もったいないのでアップしちゃいました。

更新しない間に、色んな事が起きてると思いますが、私の方こそむささびさんからまたコメントをもらえて嬉しく思います。

さて、ほんと発行ペースが遅いというか、気が付いたら出てる本ですよね。
弟が買ってるので、「まだ〜?」と催促してます。

にしても本当に高橋君はイヤなキャラですよね(笑)
でも過去のことを思うと、しょうがないのかなって。
いや、それにしても、やっぱり悪い奴ですけど。

感想楽しみにしてますねん♪
  • みみべ〜
  • 2011/04/13 7:34 PM
うわーん、10巻ネットも本屋もどこも売り切れなんです(泣)感想up、しばしお待ち下さい。

変わりといってはナンですが、「桐島、部活やめるってよ 」という小説をおすすめします。

障害者の話ではなく、高校生の青春話ですが、自分のランクを見極めて行動するってのが、高橋君に通じます。今の若者はそうなのかな。

自分がどの位置かいち早く読み取り、そこからはみ出さない。

でも大人でも人間って無意識にやっているんだと思います。多分群れをなして行動する動物達も。

健常者も障害者も関係ないように思います。
  • むささび
  • 2011/04/14 8:46 AM
追加。私も最初は弟から入手しました!最初は勧められたのか、置いてあったのを勝手に読んだのか忘れましたが。

弟が結婚して実家からいなくなったので、確か9巻から自分で買ってます。
  • むささび
  • 2011/04/14 8:48 AM
>むささびさん

あ〜。私もきっかけはそんな感じだったかも。
勝手に本棚から拝借って、兄弟間でよくありますよね♪
自分じゃ買わない本とかもあって、人の本棚って面白い。

10巻売り切れなんですね〜。
近くに住んでいれば、貸せるのに…。
って、自分の本じゃないんですが(笑)

気長〜に待ちま〜す。


「ランク付け」ですか〜。
ふむふむ。たしかに今の若者ってそうかもしれない。
KYなんて言葉が流行ったのも、
自分と周りの関係が読むことが前提で生まれた言葉ですよね。

元々、自分の役割を自覚して行動するのって
だれでもやってると思うんですが、
それが昔より顕著になってるのは、なんでだろう?
失敗が許されない社会? 学歴偏重主義の弊害? 人間関係のドライ化?
などとアレコレお風呂の中で考えてしまいました。

なんにせよ、「イケテル自分」のランクが下がるのってしんどいですよね。
1日1回は「あ〜あ。聴こえてればもっと楽しく話せるのに…」とか
「仕事もバリバリできるのに…」って思うのですが、
それって以前の自分のランクを相当高く設定しすぎてたのかも。

耳が聞こえてても、会話が弾まないことも、仕事がうまくいかないこともあるんですよね、当然。
なんでも「障害」のせいにするのを止めようと思ってる今日この頃です。
  • みみべ〜
  • 2011/04/14 10:07 PM
こんにちは。

「名前が『モ』で始まる、麦わら帽子の似合いそうな、海賊王を目指してそうな、体のやわらかそうなゴム人間と言えば?」ランキングで、毎回惜しくも2位に泣いている、モンキー・D・ルフィーです。

みみべ〜さん、お久しぶりです。

ブログの更新がなかったので、もしや何かあったのでは…?、と内心ちょっと心配していましたが、変わらずお元気そうで安心しました。


実は僕は、若い頃からかなりのマンガ中毒でして、『スラダン』はジャンプ連載スタート時から読んだ世代。

しかし、年々の視力の低下にともない、今から5〜6年前に、マンガからの「卒業」を泣く泣く決断しました。

『リアル』は、ちょうどその頃に第1巻が刊行され、1巻だけ読みました。

1巻の内容も、登場人物の名前も全く記憶に残ってないのですが、みみべ〜さん&むささびさんのコメントを読んで、とりあえず
「高橋君の嫌な奴ぶり」
がどんななのか気になりました(笑)
アニメ化されないかなぁ〜。


井上氏がこの作品を描くにあたっては、
「障害者でない自分が、障害者をどう描けばいいのだろうか…。
そもそも、障害者の事を自分が描いてもいいものだろうか…。
障害者のリアルを描く資格は、障害者自身しか持ち合わせていないのではないか…」
みたいな葛藤もきっとあったでしょうね。
もちろん、入念な取材を積み重ねた結果なんでしょうけど、葛藤を乗り越えての取り組み、素晴らしいですね。


「障害者は決して聖人ではない」
本当にその通りですね。

障害者を
「劣った存在・けがらわしい存在」
みたいに、かなりネガティブにとらえる偏見は、さすがに少なくなったと思いますが、そんな偏見とは全く逆に、
障害者に対して、何となく
「ピュアな存在・クリーンな存在」
みたいなイメージを持つ傾向も、結構ありますよね。

でも障害者の世界にだって、意地悪やイジメ、憎しみ、ねたみ、そねみ、裏切り、浮気(笑)…
おおよそ普通の人間が持ち合わせている感情やイベントは、障害者も当然持ち合わせているんですけども。。


ただ、やはり障害者は外に出ればどうしても目立つ存在なので、自分の身なりや立ち居振る舞いが、(視覚)障害者に対するイメージを損ねる事のないように、意識してしまう部分は、どうしてもありますね〜。

(もっとも、自意識過剰であれ何であれ、身だしなみや立ち居振る舞いに気を付ける事自体、「良い事」なわけですけど)


しばらく前、外食した際、お会計の時に、店員が生ビール代を付け忘れた事がありまして、正直に、
「あれ? 生ビールも飲みましたよ?」
って自己申告したんですよ(苦笑)

店を出て、同行者に、
「黙ってればよかったのに〜(苦笑)」
と言われたけど、
「いや〜、白杖を持ってると、中々そういうワケにも行かないんだよね〜」
と答えました。

二度と行く可能性の無いようなお店なら、知らんぷりでも別に構わないけど、やはり自分の生活圏の中のお店だと、中々そういうワケにも行きませんわねぇ。
白杖を持っていたら、やはりどこのお店に行っても、すぐに覚えられちゃうし…。



何だか、まとまりのない文章になってしまいました。


GWは新潟に帰省します。
そちらは、今がちょうど桜の頃でしょうか。

みみべ〜さんもGWはのんびり過ごされるのでしょうか?
お互い、充実した連休になるといいですね☆
  • モンブラソ
  • 2011/04/27 5:03 PM
リアル10巻読みました。

ようやく手に入りました。記憶を呼び覚まそうと9巻探したらない…弟のところかな?(笑)

高橋くん、きっかけつかみましたね。現状を受け入れてしがみついていくしかない、ってある意味「悟り」。もがいて自分でつかむしかないですもん。一応普通に生活できてるくせに、命に関係あるわけでもないのに、いまだにじたばたしている私が言うのはなんですけど(^^;

そうそう、戸川くんの検査前の様子、泣けましたわ〜。

モンブランソさん、大人買いおすすめします。アニメやドラマはどうかな?スケジュールの関係で話が適当なところで切られてお涙ちょうだいになりそう。それはちょっと残念です。
  • むささび
  • 2011/05/08 1:30 PM
モンブランソさん、ごめんなさい、大変失礼なコメントしてしまいました。マンガの卒業に理由があるのですよね。申し訳ありませんでした。
  • むささび
  • 2011/05/08 1:37 PM
こんにちは。
モンブラソです。

むささびさん、
いえいえ、全く気にしておりませんので、どうぞお気になさいませんように♪
(^_^)V



「大人買い」と言えば・・・

震災からしばらくは、スーパーも食料品や日用品が品薄になって、全然チラシが入らなかったり、特売なんかもなかったりしましたが、震災から二ヶ月、ようやく、スーパーも以前のような特売を再開しましたね。

で、行きつけのスーパーで先日久しぶりに、
「ワイン2割引」
をやっていたので、ちょっとだけ大人買いをしてきました。

…て、ワインは元々オトナしか買えないけど…(笑)


(もっとも、震災後、色んな物が品薄になる中、アルコール類だけは、どこに行っても山積みされてましたけどねぇ…笑。自粛ムードで、特売を控えてたのかしら…?)
  • モンブラソ
  • 2011/05/08 5:29 PM
モンブラソさん

お名前、間違えました。学習機能で今度からは間違えません。重ね重ね失礼しました。

真相は携帯からの投稿で、モンブ、まで入力したら「モンブラン」と出たので、ンを消してソにしようと思ったのに消し忘れてました(笑)しかも2回ともって、そっそかしいわ。
  • むささび
  • 2011/05/09 8:27 AM
はじめまして、ミタケと申します。
途中失聴で検索していて辿り着きました。
昨年髄膜炎で片耳失聴し、今年に入ってようやく「やり直し」しようとしています。
私も今年6歳になった息子がいます。

耳のこと、いろいろと参考にさせていただきますね。
すんごい放置してしまいました。
本当にごめんなさいm(_ _)mペコリ
いまさらですが、返信しますね!

>モンブラソさま
高橋君の嫌なやつぶり、伝わりました??
最近、ネット上で漫画が読めたりするじゃないですか?
利用したことが無いのでよく分からないのですが、
アレをうまく使えば、拡大して漫画を読めたりしないんですかね?

ぜひぜひ、アニメ化されたときには、
思う存分、高橋君の嫌なヤツぶりをご堪能ください(笑)


そうなんです。
ピュアな存在にみられることに違和感を感じつつも、
つい、「いい人」を演じてます。
やっぱりモンブラソさんもそうなんですね!

いい人っていうか、人に頼みごとをすることが多いので、
なるべく謙虚でいようかなって思っています。
その反動で、疲れて、人間関係が面倒になってるときも(^^;)

なにげに、ずーーーーっと前に、
ayamiさんのブログで、筆記奉仕をしている人が、
 『中途失聴者のために筆記をしてあげているのに
  ありがとうの言葉があまりない。』
といった内容を書いていて、それがけっこう脳みそにこびりついています。

結局、自分みたいな障害者は、だれかに「奉仕してもらっている」立場で、
常に感謝のきもちを伝え続けていないといけないのかな〜って。

じゃないと、「やってあげてるのに」って人の気分を害して、
自分以外の障害者の立場を悪くしてしまうのかな〜って。

自分のおこないが、他の誰かの立場を悪くしないようにしてしまいますよね。
海外旅行にいって、変な行動して「日本人って…」と思われないようにするのに近いものがありますが。

私もまとまりがなくなってしまいました。
ところで、GW満喫できました?(おそすぎ…)

ワインもほどほどに!
あ。そろそろ梅酒をつくる時期ですね〜♪
  • みみ
  • 2011/06/09 4:27 PM
>むささびさま

期間が空くから、前巻の内容を思い出すのに、
ちょっと時間かかりますよね。
前巻までのあらすじとかあればいいのに…。

「悟り」
難しいですよね。悟ったと思ったら、また違う悩みが出てきて(泣)


最近の悩みの種は、
 「うが〜。上司のわからずや〜」とか、
 「なに、この二の腕のたぷたぷ。どこからやってきたの、このたぷたぷ」とか。

こうやって文章にすると、我ながらアホっぽい悩みなのですが、
割と真剣に悩んだり、怒ったり、泣いたりしていて、
でも、そうやって悩めること自体が平和なんだな〜っと。
障害とは関係ないことで悩めるようになってきてよかったなって思います。

高橋くんの姿に自分の姿を重ねつつ、
少しずつ、他人事のように読めたらいいな〜。

戸川君の心情も、きついですよね。
そばにある「死」の存在。
ゆっくり「死」に近づいていく友人の姿(…といっていいのかな)。

ちょいっと違うのですが、
私も、「明日にでも入院して治療しないと、明日脳梗塞や心筋梗塞で倒れてもおかしくない状況です。」といわれたとき、目前につきつけられた「死」の存在に怖くて怖くて仕方がなかったです。
その説明を受ける直前まで、「もう両耳も聞こえないし、生きている意味がわかんない…」と、やさぐれていたのにも関わらず…。

健康な人だって、いつ、いきなり人生が終わるかもしれないのに、
どうして、いつも「死」を忘れていられるんだろう…てたま〜に考えちゃいます。
はい。ネクラですいません(笑)

久しぶりに書いたので、語っちゃいました。
悟りといえば、「聖★おにいさん」って知ってます?アレも好きな漫画です。
未読だったら、ぜひ読んでくださいね♪
  • みみべ〜
  • 2011/06/09 4:42 PM
>ミタケさま

はじめまして、こんにちは♪
こんな放置気味のブログにお越しいただいてありがとうございます。

今は、たま〜に気がむいたときに、
現実社会でいえない愚痴や不平不満、グチ(あ、2回言っちゃった)などを
書きなぐっている感じです。
なので、なんだかコメントを残してもらって申し訳ないです。

もし人工内耳や中途失聴の話や、仲間と語りたいな〜ってときは、
このブログの左上のリンク「ひとりごと」をクリックすると、
ぷーどるさんという優しい女性が書いているブログに飛びます。
そこで、きっと聴覚障害者たちがコメント欄で活発に相談や雑談をしているので、
きっとミタケさまも楽しい時間がすごせるかと♪

…と、本人に了承得ないまま、紹介してしちゃった上に、
こんな書き方だと、まるで自分がミタケさまと話す気がないみたいな文章ですが、そんなことはなくて、むしろ大歓迎です。
ただ、筆不精なので、気長に待ってください(フォローになってない)

6歳のお子さんということは年長さんですか?小学生かな?
うちの子は年長で、もうすぐ運動会です。

親子競技の説明が毎年あまり聞き取れず(もしくはまったく聴こえず)で、
大変なのですが、自分なりに楽しんできま〜す!
  • みみべ〜
  • 2011/06/09 4:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode