聴覚障害者は他の障害者と比べて、
バリアフリーの対応から置き去りにされてる部分があると思います。

バリアフリー対応施設(前ハートビル法適用施設)といっても、
それが車いすの方が乗り降りしやすいエレベーターのことだったり、
点字対応の案内板だったり、
あれ?聴覚障害者は?…って。


耳マーク 耳の不自由な人のシンボル
↑これは耳マーク。耳が不自由な人のシンボルマーク

例えば、新潟県の聴覚障害者の人数はおよそ1万人前後。
新潟市では約1200人前後。
これは視覚障害者とほぼ同数なのに…。


原因は、障がい者側と、支援者側の双方に原因があると思います。


◆障害で困っていることを、難聴者自身が訴える機会が少ないこと。
 (聴覚の代わりに、読唇や視覚からの情報で補ってしまっていること、
  また、気持ちが萎縮したり、諦念等の理由により
  周囲に聞こえないことを伝えない。)

◆聴覚障害が外見で判断できる障害でないこと。
 (補聴器は目立ちにくいデザインのものが主流ですし、
  完全に聞こえない人は、耳に何もつけていません。)

そのため、支援を必要としている人が「何」を必要としているのかが
支援者側に伝わっていない状況が、現状です。


じゃあ、実際どのように対応してほしいかというと、
すっごく簡単。


施設やお店の入口に「筆談に応じます」と明示するだけ。


いやいや、「手話に応じます」のほうがいいという方も
いらっしゃるとは思うけれども、
聴覚障害者でも、私のように手話ができない中途失聴者はたくさんいるし、
手話対応できる人をいつでも配置してもらうことは、
現実問題難しいのではないかと。

それに、手話のできる聴覚障害者は全体の2割程度だとか。
新潟市で言えば、200〜300人くらいでしょうか?
これじゃ、手話講座に通う健聴者や
手話通訳者のほうが実は多かったりして?


でも、筆談であれば、日本語が読み書きできる人ならば誰でもできること。
情報の発信者も受信者にとっても負担が少ない。


え?それだけでいいの?
ペンとメモがあればいいだけなら。
わざわざ「筆談対応」と明示しなくてもいいのでは?
「書いてあげるだけ」でいいなら、その都度、言ってくれればいいのに。
と思われたら、それは間違い。


「筆談してください」って、けっこう勇気がいる言葉なんです。
頼んでも断られることが、いっぱいあって、そのたびに傷ついているんです。
  矢印難聴者が雪道で会話すると、こう聴こえる。



だから、「筆談対応」って書いてあることがどれだけありがたいか。
外出先でみかける「耳マーク」にどれだけホッとするか。


ぜひぜひ、民間・公的機関、営利・非営利団体と問わず、
筆談応じます」って書いてほしいな。


おいてけぼりをくらってる聴覚障がい者にとって、
耳マークが置いてあったり、「筆談対応」してもらえるところがあれば
やっぱりそこに何度も足を運ぶことは、必然。

よって、そこのヘビーユーザーになるわけだから、
社長さん、うはうは(*^_^*)ノ
経営も右肩上がり??


「たった一言書くだけで儲かる魔法の言葉」

な〜んて。
売れ筋のビジネス書の煽り文句に書いてありそうですよね。

このアイディア、お金はいただいておりません。
どうぞ、どんどんパクってください。
じゃんじゃん使ってください。



「手話」のように特別な勉強も必要無ければ、
「手すり」のように特殊な用具や設備工事もいりませんよ。


というわけで、うちの職場にも筆談ボードと耳マーク設置しました♪

難聴の大人が使用している 子供用ではないお絵かきボードのことを「筆談ボード」と言います。磁石の力で字が書けて、弱い筆力でも何度でも書けます。携帯筆談器、コミュニケーションボードということも。


【実際に使用している筆談ボードメモレMemole】
(別名:筆談器、コミュニケーションボード)


耳マークは全難聴のホームページから購入できます。
耳マーク 筆談に応じます 社団法人 全日本難聴者 中途失聴者団体連合 略して全難聴で入手できます。


聞き耳を立てるこんな風に話してくれると助かる聞き耳を立てる
  矢印人工内耳をつけて行った病院の感想
  矢印耳マークついてる病院に行ってきた
  矢印歌うように話す美声の人が苦手です。
  矢印難聴者が雪道で会話すると、こう聴こえる。
  矢印想像で聴いた涙まじりのクリスマス会

  矢印人工内耳から1年。実際に1年間で聞こえる音・聞こえない音はこんな感じ
  矢印難聴で友達は減っていくのか?
  矢印仕事中の電話


  矢印人工内耳装用から1年。語音聴力検査(聞きとり検査)しました
  矢印語音聴力検査の結果と、最近の聞こえ(人工内耳手術から一年半)
  矢印マッピング(人工内耳手術から一年半)


【カテゴリー:仕事の話】  |t.0 |comments(6) |▲TOP▲|

コメント
みみべ〜さん、職場に筆談ボード設置されたんですね。
頑張りましたね〜えらいえらい!(パチパチパチ)

健聴者が耳が悪い人へのコミュニケーションを考えると、なぜ「手話」だけなのか??・・と私も思っていました。
手話のできない聴覚障害者の方が多いんですよね。
手話のできる人も、出来ない人も、日本語の筆談ならほとんど可能ですもんね。

私も筆談頼んでるのにノート返されて手話で話されたことがあって
書くのが面倒なのかな?とか思うと、それから人に筆談を頼みにくくなっていたのですが
手話教室に行った時、手話が出来ない人の集まりなので
普通に筆談があっちでもこっちでも見られ
それで充分にコミュニケーションがとれたので
やっぱり筆談は重要だと思いました。

その場に筆談ボードがあると頼みやすくて安心ですね。

どんどん普及していってほしいと思います。
  • ぷーどる
  • 2010/11/20 9:57 AM
えっと、みみべ〜さんの更新ペースが、訪問ペースを上回ってしまったので、
とりあえず、ここに全部まとめて書いちゃいます!

まずは、体調は良くなられましたか〜?
夜更かしはダメですよ!

【記事関連】
ずっと交換日記ノートを握り締めていたので、湿っぽくなって文字がにじんで。
って冗談はさておき、確かに、字体によって読みやすさとか見た目の雰囲気が変わりますよね。
私も、プレゼンスライドは、内容にあわせて色々な字体を使い分けています。
中身に自信がないから、「見てくれだけでも」って魂胆ですが……。


「NO MUSIC NO LIFE」
確かに、おい!って突っ込みたくなるフレーズです。
唐突ですが、小さな頃は、夢というか、なりたい職業って沢山ありませんでしたか?
まぁ、成長するにつれて、現実を知り、自分自身が傷つかないためにも、
無謀な挑戦は避けて、無難な道を選ぶようになるのですが。
そんな夢の中で、高校一年まで選択肢にあったのが「音大受験」でした。
とにかく、音楽が好きで、本当は指揮者になりたかった!
そんな頃に、なんとなく耳のことに気付いてしまって。
万が一の時、作曲家に転身できそうな能力はなさそうだから、諦めました。
実力もぴか一じゃなかったから、ある意味、言い訳なんだけどね。

なんか、脱線してしまいました。

裸耳だと低音パートがすっ飛んでしまいます。
バイオリンの高音も怪しい。
だから、弦楽四重奏はバイオリンの主旋律はわかっても、ビオラやチェロの旋律は「もしもし、どんな旋律なの?」ってなるときもあります。
かといって、補聴器を通して聴く音楽には馴染めない。
悔しいな。

また話が逸れてしまった……。

耳マーク、世間の知名度はいかほどなのでしょう?
若葉マークや車椅子マークみたいに、誰もが知っているマークになって欲しいですよね。
デパ地下が充実していれば、暇つぶしに上の階にも寄って何か買おうか?みたいな感覚ですよね、耳マークのある場所って。
私も、ペンケースにつけていますが、意味を覚えてくれた人は、一体何人いるやら。
みみべ〜さんを見習って、コツコツ努力してみます!

【その他】
「才女」なんて、とんでもない。
趣味として楽しんでいるだけなので。
うん、でも、臨時の諭吉さんは嬉しかったよ♪
で、何にしますか?
お祝いしてくださったお礼に、何なりとご注文ください!
ケーキバイキング、一流ホテルの手作りクッキー、それとも、松茸はもう時期があれなので、蟹のフルコース!
食べたくなってきた〜。

みみべ〜さんは読売ですか?私も読売派です。
>人生の縮図
そういう風にあの紙面を表現するなんて、みみベ〜さんこそ文才がありますよ。
それに、ブログも内容が良くわかるし、コメントもキラッと光る文章があるし。

そうそう、2も要注意です。
数字だけだとまだましなのに、時間になると、てんでダメなんです。
「?時」って、一番重要な頭の数字がすっ飛んじゃう。
最悪な時は、確認しに行くのが嫌になっちゃうときもあります。
「誰が何をどうするから、何時に集合すればよいのですか?」
これってさ、極端な話、「集合する」しか理解できなかったわけで。
まっ、そんなもんかもね。

鮮やかに色づいた葉っぱも、足下に増えはじめました。
お体には、お気をつけくださいね!
  • Ruisui
  • 2010/11/20 10:48 PM
>ぷーどるさん
ありがとうございます♪
いくつになっても、ほめられるって嬉しいですね(*^^)v

>私も筆談頼んでるのにノート返されて手話で話されたことがあって
せつないですよね〜。
健聴者が思っている以上に、ダメージありますよね。
筆談しかできないのに、手話で話しかけられた時の疎外感って言ったらもう…(+_+)
どこにも自分の居場所がないって思っちゃいます。
相手に悪気がないっていうのが余計に辛いですね。

Ayamiさん出演の「きらっと生きる」でもちょっとその話題が出てましたけれど、聴覚障害者へのバリアフリーってなかなか進んでいないですよね。
先天性か後天性かで、「何」を情報保障とするか違ってくると思うのですが、それぞれが必要とする手段を提供して欲しいなって思ってます。
手話を必要とする聴覚障害者がいる一方で、手話ができない聴覚障害者がいることを知ってほしいな〜って。


筆談ボードを職場に設置してもらった「裏」の目的は、
「聴覚障害者=手話」といった固定概念を捨てて、
障害者の多種多様なニーズに柔軟に対応してもらいたくて。

それと、一度でも筆談ボードを見たことがあれば、
もしかしたらどこかで誰かに「筆談」をお願いされた時
少しは抵抗感がないんじゃないかと。

筆談を断った人は、優しさが足りないのではなくて、
ちょっとした想像力と障害者への情報が足りないだけなんだって思うようにしています。
>Ruisuiさん
気まぐれ更新中です、どうも(笑)♪
本当は毎日書きたいくらいネタはあるのですが、
どうしても時間との勝負になり、手帳に一言日記を書いて我慢してます。


*・・・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・*
>プレゼンスライドは、内容にあわせて色々な字体
パワポとか凝っちゃうタイプですか?
私もです(*^^)v
ゴシックか、明朝か、それだけでも雰囲気が大きく変わりますよね。
同じ内容でも、どう見せる(魅せる)かは、すごく重要だと思います。
意外に最終的な決め手って、【第一印象】立ったりすると思うんですよ、
人も、プレゼンも。(意味深?)


*・・・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・*
>「音大受験」
お〜。昔から音痴で、カラオケは振付と勢いでごまかしてきた私からしてみたらうらやましい限りです!
以前も、耳鳴りの音を作曲できればいいのに〜という話をしてましたよね(*^^)
でも、音楽が好きなのに、難聴になるなんて。辛いですね…。
「悔しいな」の一言に、たくさんの思いがつまっているように感じました。


私の「悔しいな」は、耳が悪くなる前にもっともっとたくさんの音楽を聞いておけばよかったな〜ってことです。
「音楽」にたいして不真面目で、なんとなく聞いてることが多くて、今思うとすごくもったいない。

難聴になり始めた頃、聴力回復するという噂のモーツアルトをよく聞いていたのですが、
そのときになって、やっと初めて、音楽が愛おしくなってきました。

消えていってしまう一つ一つの「音」を必死で追いかけて、
曖昧になりつつあるメロディーを、推測して、補完して、
不完全な聞こえの「曲」でも、これだけ心を打つならば、
元の曲はどれだけ豊かで素晴らしいのだろうって。

なぜ、大切なことって、二度と手に入らなくなってから気づくんでしょうね(>_<)?
補聴器での「音楽」は、きっと違和感があると思いますが、
それでもRuisuiさんの耳が聴いている「音楽」なので、
ぜひ楽しめる音を探して聴いてほしいなって思います。


*・・・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・*
>耳マーク、世間の知名度はいかほどなのでしょう?
これは、もうビックリするほど低いでしょうね〜。
最近ようやく役所や公共施設で見かけるかな〜ってところです。

耳マークいっそのこと無料配布してくれればいいのにって思います。
市によっては、耳マークカードを配布しているところもあって、
それをカードを提示すればどこでも「筆談」提供してくれるそうです。
どこの市町村もこのモデルケースに倣ってくれればいいのですが、
う〜ん。
新聞に投書でもしてみましょうか(>_<)

ペンケースはいいアイディアですね♪
私物につけていないので、真似っこしちゃっていいですか(*^^)v?


*・・・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・*
>お祝いしてくださったお礼に、何なりとご注文ください!
あっはは(笑)
え〜。なんでもいいんですか〜。
じゃ〜。プールいっぱいのプリンにしようかな〜。(パステル希望)
天井まで届きそうなマカロンタワーとか。(ダロワイヤ希望)
生ドーナッツや生どら焼きもまだ食べたことないんですよね〜。
…ってスイーツばっかし(笑)
甘いのは大丈夫ですか?
体重など気にせずに、気持ち悪くなるまで食べましょうね♪


そうそう、今は「新潟日報」とい地方紙なのですが、
学生時代は読売派でした。
朝日・読売・日経と3紙読み比べしていた頃があったのですが、
読売が一番読みやすくて、情報量も内容も自分に合ってました♪
ちょっとスポーツ面が多いかな〜って気もしますけどね。

ふふ。Ruisuiさんのお世辞にすっかり気分が良くなってしまいました。
体調もだいぶいいですよ♪ありがとうございます。
Ruisuiさんもお体など気を付けてくださいね。
私は難聴時代を37年間過ごし去年11月末に失聴しました。
あす職場環境改善相談でこの耳マークを参考に持ちかけてみようと思います。

うちの会社にも同じようなことをしてほしいと要望を出したいです。
印刷して打ち合わせに持っていきたいのですが、許可を頂けますでしょうか?

それから、人工内耳は8末予定です。
まだまだ先ですが、心に闇が覆い心が折れそうになってました。
けれどかすかな希望が見えてきたと当時に職場改善に要望を出すことに決めました。

これは難聴時代からなんですが、会社からは「ハンディキャップは自分で克服しろ」と
まで言われました。

難聴は情報障害を伴うのでカバーできるところまでは自分で努力してきたつもりです。

ですが、失聴してからはどうにもならないことが色々問題が発生し、
職場改善どころか「自分で克服しろ。知恵と工夫で自分でなんとかしろ。」とだけ。

会議や新商品説明会や打ち合わせ、朝礼に出てもさっぱり分からない・・・
これには努力だけではどうにもならないのに・・・

要約筆記派遣要望もボツになりました。
色々と難しい問題もありますが、最低限の要望は出そうと思います。
  • るー
  • 2013/05/07 3:13 PM
ブログを放置していて返事が遅くなりまして、申し訳ありません。
つたない文章ですが、自分なりに一生懸命考えて書いたので、ご活用いただければ嬉しいです。

と、もっと早くに返事しないとダメですよね。

職場環境は改善されましたか?
人工内耳には慣れましたか?

聴覚障害は、なかなか理解されにくく、心が折れそうにもなりますが、それでもやっぱり声をあげないとダメですよね。

知恵や工夫や、我慢…。
言われなくてもやってるよー!!

どうしたら伝わるんですかね。
  • みみべ~
  • 2014/02/20 7:00 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode