書こうと思っていた稽留流産手術日帰り入院掻爬)についてです。
もう、手術から数週間が経ってしまいました。早い。
なぜか手術後、めまいがありますが、
流産のせいなのか、持病のせいなのかはよくわかんないです。
長くなったので、病院についてから手術までと、
手術してから、家に帰るまでに分けます。



さて、【手術当日】の朝。(手術前日などのおおまかな流れはこちら)

いつも通り、6時半ごろ起床。
10時に病院に来るよう指示されているのですが、
化粧禁止・朝ご飯絶食のため、することがなく困った。
こんなときくらい、朝寝坊しておけばよかったなぁ。


ごろごろしながら、テレビなどを見て過ごす。

ちょっと早めに出て、10時前に新大病院に到着。
到着してから、持ち物のスリッパを持ってくるのを忘れて売店で購入。
他の持ち物はナプキンと生理用ショーツくらいだったので、なぜ忘れたんだ、私。

産科の病棟へ。婦人科の病棟ではないのか〜とちょっとショック。
お腹の大きい人や出産直後のママさんに会いたくないなって。


でも、結局、終日会うことはありませんでした。
部屋も大部屋ではなく個室だったし。
ちゃんと精神的なことも考慮されてるんですね。
以前、 →外来病棟の様子でも書いたけれど、大学病院に来る人は
リスクが高い人が多く、残念な結果になる人も多いから
あえて、「母親教室」「戌の日の案内」「ママと子供のほにゃらら」等の
ポスターや、グッズを排除しているのかなぁ。


で、個室に案内されて、今日の担当の看護師さんから病衣を渡され、
着替えてそわそわ。


前処置をしましょうと、処置室に案内されて、子宮口を開く処置
ラミナアリア桿が有名だそうですが、私はダイラパンで開かせました。
どちらも子宮頚拡張術に使われるスティック状の器具で、
差し込むと中で2〜3倍に広がります。
人によっては数本いれられるそうですが、私は1本のみ。

といっても、やっぱり噂通り、痛い!
痛みを逃そうと、内診台にぴったり腰をつけて、けして力を入れず、
息を吐き続けていたのですが、
開いていない子宮口に、むりやり挿入するので、痛いです。

でも数分ですむ処置なので、痛みは一瞬といえば、一瞬かな。
痛みは、体験者の掲示板で恐ろしいことが書かれていた割には…でした。
入れてる間は、生理痛の重たい感じが続きましたが。
中には自力で病室に戻れず車いすに乗ったり、
激痛のあまり暴れたり、泣いたりする人もいるそうですね。
お医者さんが上手だったのかな。感謝の一言です。

そのあと、たらーっと液体のようなものが垂れる感覚があり、
「みなさん、出血なさりますから心配しないでください」と医師からの言葉。
ナプキンを用意するよう言われていたので、このときに付けました。
なんとなく、おしるしみたいだな〜なんて、上の子の出産を思い出してしまいました。


そして病室に戻り、点滴開始
のはずだったのですが、これがまた、もうびっくりするくらい
血管が見つからない様子。

私「すいません。私、血管がみつかりにくいようなんです。」

看「そうみたいですね〜」と言いながら、あちこち探してくれるけれど見つからず。

私「手の甲や、手首でもいいんですけど。腕にさして漏れるのいやなんで…」

看「麻酔の点滴は痛いから腕のほうがいいんですよね〜」と。
CTやMRI撮影の血管造影剤のような感じかな〜なんて考えてたら、
ないわね〜。と話しながら、えいっと刺したところがハズレで漏れる(泣)

看護師さんがちょっと待っててねと、違う看護師さんを連れてきました。
そのベテランっぽい人が刺してくれたところはアタリで、
見つかりにくい腕だから、この場所覚えておいてねと言われました。

そういえば、腕に刺してもらう時、だいたいいつもこの血管だった気がする。
覚えておこう。


おとなしく点滴を待ってる間、お昼くらいになっても点滴がなかなか減らないので
看護師さんにどれくらいかかるか聞くと
「2〜3時間ですよ。手術は2時くらいです」
お〜、なんてこと。まだまだかかるのね。

点滴の中身は栄養剤か何かなので、お腹は減らないのですが、
私に付き合って朝から何も食べてない主人には、
さりげなく作ってきたおにぎりを渡しました。
することがないので、少しでも楽に手術できるように柔軟体操してました。
股関節周りを特に念入りに。つることはないと思ったのですが、筋肉痛になってもいやだなって。



そして、やっと2時。
分娩室に移動します。 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(2)手術本番



天使膠原病と妊娠の話天使
 →膠原病に関する内科と眼科と歯科に行ってきました。(自覚なしの妊娠初期症状)
 →妊娠発覚。膠原病と妊娠と薬の副作用。
 →繋留流産。10w
 →妊娠発覚から、繋留流産手術、そして術後までの流れ
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(1)前処置
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(2)手術本番
 →地蔵和讃 〜早世した子供を守るお地蔵様〜
 →流産後の膠原病内科と産婦人科 受診記録(1週間後)
 →繋留流産手術から1か月。膠原病と妊娠とめまいの関係






【カテゴリー:膠原病】  |t.0 |comments(0) |▲TOP▲|

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode