今日から主人は大工仕事かなづち
普段は設計を主にやってますが、大工の仕事も請けます。

建築士としてデスクに向かうのも、大工として現場に行くのも
両方好きだという主人は、根っからの建築家だな〜と嬉しく思います。


昔からの大工さんは、構造計算などをせず、経験則で梁や筋交いをいれたりしますが、構造計算や設計上の知識を理解したうえで、その建て方を見ると、
不思議と理に叶っていたり、やっぱり間違いがあったり、時代にそぐわなかったり、
現場だから分かる色んな発見があると主人は言います。
2×4ではなく在来工法だと、よりそれが顕著です)


また、実際に施工しているからこそ、
設計するとき無理がない設計図本が書けるとも言っています。

現場を知らない設計士さんが書いた設計図が「誰がこんなの書いたんだ!」と
大工や職人に怒られたり、喧嘩の元になることもあるんですよね。
設計上では大丈夫でも、現場ではとんでもない不可能なことが書かれてることがあるそうです。


設計本施工かなづち。この二つはそれぞれ専門職として成り立っていますが、
論理に裏付けられてない施工も、現場を知らない設計も、
どちらも不十分な印象があります。
できれば、両方を経験できるのが理想的。

といっても建築士試験の受験資格や、建築業界をとりまく環境を考えると
両方の経験を積むことは非常に難しいと言わざるを得ないのですが。



さて、そんなわけで今日はお弁当お弁当を作らなければいけませんでした。
現場は住宅街がほとんどなので、どこか定食屋さんに入るわけにもいかず、
コンビニ弁当を買ってる人も見かけません。

お弁当、久しく作っていなかったので、ちょっと面倒…。

と思いきや、意外に楽しかったです。
あの小さなスペースに、黄色や赤や緑が詰まってる状態って
目で見て楽しめますすよね。
キャラ弁までは作れませんが、久々すぎて楽しかったですハート

そんな大工の女房の仕事の話でした。
(…ただお弁当作っただけだけですが)


ちなみに、設計士の妻の日は、
事務所のキッチンで簡単にお昼を作ることが多いです。
もしくは取引先とどこかランチするとか。


私自身の仕事はWEB関連が主です。あとはバックオフィス系です。
  →【HP制作過程の話】 ホームページ作成・ブログ作成のこと パソコン


【カテゴリー:仕事の話】  |t.0 |comments(8) |▲TOP▲|

コメント
こんにちは〜。「モ」で始まる人です。

うちの父も大工なんですよ。本当に、昔ながらの大工さん。
もう70も半ばだけど、まだ頑張ってるみたいです。

みみべ〜さんの言われるように、「理論」と「実践」て大切ですよね。
お互いにフィードバックしながら作業を進めるのが理想ですから、現場と設計、両方の経験を積むのは、旦那さんにとってもすごい財産ですよね!

でもうちの父は作業機械の音で難聴になって補聴器になったから、旦那さんもそれだけは気をつけてほしいなぁ。


ところで全然話は変わりますけど、みみべ〜さんは小さい頃から旧・新潟市?
いつ頃まで走ってたかは定かじゃないけど、昔、市内に路面電車が走ってたの、知ってますか?
県庁〜白山神社の辺りかな?、1,2度しか乗ったことないんだけど・・・みみべ〜さんが物心つく頃は、もしかしたらもうなかったかなぁ・・・。

もう歳のせいか、最近妙〜に昔のことばっかり思い出してしまってのぅ・・・
もうお迎えが近いんじゃろうか・・・

みみべ〜さんや、飯ぁまだかいのう・・・。
  • モンブラソ
  • 2010/03/11 6:41 PM
みみべ〜さんのご主人様と「モ」さんのお父上様は同業の方だったんですね〜。
しかも同じ新潟だし・・
ご縁がありますね。

お弁当作りご苦労様♪
私は長い長いお弁当作りからやっと解放されてもうすぐ1年が・・・(笑)

下の子が吹奏楽部で土日なしの部活だったので
本当に毎日毎日休む間もなくお盆と正月以外は、朝はお弁当作りから始まりました。

今は作らなくなって楽になりましたが、朝は気が抜けてぼ〜〜っとしてなかなかシャキッと出来ません(>_<)
  • ぷーどる
  • 2010/03/12 2:09 PM
みみべ〜さん、こんばんは。
「ナ」で始まる人です。

お弁当作りお疲れさま〜!
「意外に楽しかった」ですと?!
私はお弁当を作り続けて、ほぼ20年・・・。
もう勘弁してほしいです。
夫は社員食堂に食べに行くのは面倒くさいと言うし
息子や娘も学校に持って行くので、一日の始まりは
まず弁当作りから。
早く解放されたいよ〜(涙)

ところで、今日は病院へ行ってまいりました。
お見送りどうもありがとう(笑)
先生はちゃんと「コーガン症候群」について調べて下さってました。
英語の長い長〜い文書をコピーしたのを持っていらして、
持って帰る?と聞かれましたが、そんなん持って帰っても
訳せないしな〜と思い、丁寧に辞退申し上げました。

先生曰く私の現在の病名は「多発性血管炎」だそうで、
耳に行く血管に炎症を起こしているので、「コーガン症候群」でも問題ないそうです。
結膜炎のみ発症していないけど、他の3つは当てはまっているから、OKとのこと。

てな訳で、晴れてみみべ〜さんと同じ病名と認定されました。
今後の治療については、CRPが上昇したらステロイド増量ではなく「免疫抑制剤」を使ってみようと言われました。
なんだか楽しみ(笑)

みみべ〜さん、また情報が入ったらお知らせしますね。
とりあえず今日のところは以上でした!
  • ナオ
  • 2010/03/12 6:44 PM
朝起きての弁当作り、懐かしい〜〜〜〜。
子供たちが中高校に通っていた頃に弁当を作っていたことを思い出しました。
仕事に追われたりして少し手抜きをすると、
その日の夕飯時には必ずと言っていいほど指摘されていたっけ(笑)

既に懐かしく思えるほど以前の話でした。
  • 西
  • 2010/03/14 7:59 AM
>「モ」の字のお方へ

わぁ。大工さんなんですね。
主人の父も大工なのでもしかしたらお知り合い?
建前などで、実はお互いに顔見知りだったりしたらおもしろいですね!

主人には、大工の経験を積めるだけ積んで欲しいなと思っています。
建築業界が、昔ながらの大工さんを絶滅させるような流れなので、
今のうちに技や知識を吸収してほしいのが、妻として嫁としての願いです。


路面電車!覚えてますよ!
「チン、チン!」と鐘を鳴らしながら走る姿を
おぼろげに覚えています。
子供のころ、母に連れられて乗ったこともあるそうですが、
それはちょっと記憶にないです(残念)

でもなくなった時、子供ながらに寂しかったことも
やっぱり薄ぼんやりと覚えています。

堀や路面電車。いまでも残してあったら
いい観光資源になっただろうに、もったいないですね。


ご飯は(笑)いなだごをどうぞ!

>ぷーどるさんへ

ぷーどるさんのお弁当美味しそう〜。
是非是非、話題のいなだごをいれてください!
でも煮物だからお弁当には不向きでしょうか??
せっかく、お弁当から解放されたのに、
催促してどうする、私(笑)。


吹奏楽部って、文化系の部活なのに、すごく体育会系ですよね。
朝練や昼練、放課後と忙しく部活をしている友人を見て、
すごいな〜っと横目にしながら帰宅していたのですが、
お盆と正月以外は毎日ですか!
いや〜すごいですね!

本人が部活に集中できるよう、家族のサポートも重要なんですね。
もし、うちの子が部活を始める年齢になったら…。
いや〜。想像するだけで…。
いえいえ。自分も親にお弁当作ってもらっていた身分なので、
今度は子供に作ってあげないとですね♪

お弁当作りは面倒だけど、手際良く作る段取り力が試されて、
いい脳トレになりますよね♪
>「ナ」の字のおねえ様へ
20年お疲れ様です!
久しぶりに作って楽しかったのですが、もうすでに面倒になりかけてます。
冷凍食品万歳!作り置き万歳!で、
毎朝ちゃんと作るのは卵焼きくらいかも。
お弁当の本、買うだけで満足してしまい、作ってないレシピもいっぱい。

これからがんばりま〜す。
きっと、ずっと作り続けていらっしゃるから、
美味くて、時間短縮なレシピもお持ちなのでは?
今度、どうぞご教授ください♪ 


わ〜!わ〜!ついに、病名がはっきりしましたね!
おめでとうございます!!
ぷーどるさんもよくおっしゃるけれど、自分の病気に名前がつくと、
すごくスッキリしますよね。自分の居場所がはっきりして。


しかも、英語の長い長〜い文書のコピーまで、主治医の先生がご用意されて。
ほんとよかったです。
もし、これで、「え?そんな病気ないよ」な〜んて言われてしまったら
どうしようかと思ってました(笑)


免疫抑制剤を使用するかもしれないんですね。
これでステロイドの副作用からもおさらば?
知覚過敏のこともあるし、できれば、ステロイドはあまり増量したくないですよね。私はこの免疫抑制剤につては詳しくないのですが、いつか自分も使用するかもしれないので、またいろいろと教えてくださいね。一緒に膠原病、もとい、コーガン症候群と一緒に闘う、ちょっと違うかな、付き合い方を考えていけたら嬉しいです。

まずは、お疲れさまでした。そして吉報をありがとうございました。


>西さん
わ。西さんも、お弁当作りされていたんですね!
>仕事に追われたりして少し手抜きをすると、
その日の夕飯時には必ずと言っていいほど指摘されていたっけ(笑)

なんて、贅沢な(笑)!!
でも、自分も親に同じことを言ってました。
昨日の夕飯と同じメニュー入れないで…とか、
毎日似た中身じゃ飽きる…とか、
自分が作る立場にならないと、お弁当を作ってもらえるありがたみが分からないんですよね〜。

きっと、今頃、西さんにすご〜く感謝してると思います。
やっぱり、自分が作るお弁当も、どこか親が作ってくれたメニューが元になっていて、
親子だな〜って、ふとした時ほのぼのします。

それにしても、西さんが作るお弁当は幻術的な気がします。今は作ってらっしゃらないようですが、見てみたいです!今度、ぜひぜひ作って、写真アップしてください♪
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode