子供を亡くした時、地蔵和讃を見つけ、非常に心が救われました。

江戸時代から続く伝承なので、
現代では読みにくいかもしれませんが
七五調の中に、仏の慈悲と親の愛情が詰まってます。

とはいっても
子供が賽の河原で裸同然で石を積む姿、
そして、それを壊す地獄の鬼。
父の涙が火となって、母の涙が氷となって降り注ぐ光景。
父母を求めて駆け巡り、手も足も血だらけになる描写は、
とても酷です。

それでも、最後まで読むと、
子供を守ってくれるお地蔵さまが現われます。
歩けない赤子も抱きかかえてくれます。


数百年前から語り継がれる内容だけあって、
救いがちゃんと織り込まれています。


正月は神社、結婚式は教会、法事は浄土真宗と
無節操極まりない私が、ここで仏の慈悲にすがるのは
おかしい話かもしれませんが、
数多くの人たちが、この地蔵和讃に救われたように
私も、これを読み、書きうつし、哀しみに溺れないようにします。

だって、母の涙は、子供に氷の雨を降らすようですよ。
親より先に亡くなって、親不孝だと鬼に攻められる子供。

そんなことはない。
お腹に宿ってくれただけでも、私は幸せだったと。
そう胸を張っていられるよう、笑えるよう生きていきたいです。


もっと短いものもありますし、現代語訳されたものもあります。
地域によっても違うそうです。
昔も今も、どこの地域でも、子を亡くす哀しみは同じなのですね。



**********************************
帰命頂礼地蔵尊
無仏世界の能化なり      /地獄の様子の語りが始まります。
                 以下、私が思ったこと。

これはこの世のことならず   
死出の山路の裾野なる      
さいの河原の物語
聞くにつけても哀れなり

この世に生まれし甲斐もなく
親に先立つありさまは
諸事の哀れをとどめたり

二つや三つや四つ五つ
十にも足らぬおさなごが
さいの河原に集まりて
苦患を受くるぞ悲しけれ    
                 /地獄には家がありません
                 雨露しのぐ住処さえ

娑婆と違いておさなごの   
無ければ涙の絶え間無し
河原に明け暮れ野宿して
西に向いて父恋し
東に向いて母恋し

恋し恋しと泣く声は
この世の声とは事変わり
悲しさ骨身を通すなり
               /現世の母の苦労を語っています
げに頼みなきみどりごが
昔は親のなさけにて
母の添い寝に幾度の
乳を飲まするのみならず
荒らき風にも当てじとて
綾や錦に身をまとい
その慈しみ浅からず
                /着るものもありません
然るに今の有様は       
身に一重さえ着物無く
雨の降る日は雨に濡れ
雪降るその日は雪中に
凍えて皆みな悲しめど

娑婆と違いて誰一人
哀れむ人があらずなの
ここに集まるおさなごは
小石小石を持ち運び
これにて回向の塔を積む
                /親より先に亡くなった
                 不孝のため、石を積みます

手足石にて擦れただれ     
指より出づる血のしずく    
からだを朱に染めなして
一重つんでは幼子が
紅葉のような手を合わせ
父上菩提と伏し拝む

二重つんでは手を合わし
母上菩提と回向する
三重つんではふるさとに
残る兄弟我がためと
礼拝回向ぞしおらしや
                 /憎い鬼の登場
昼は各々遊べども       
日も入相のその頃に
地獄の鬼が現れて
幼き者の側に寄り

やれ汝らは何をする
娑婆と思うて甘えるな
ここは冥土の旅なるぞ
娑婆に残りし父母は

今日は初七日、二七日
四十九日や百箇日
追善供養のその暇に

ただ明け暮れに汝らの     
形見に残せし手遊びの     
太鼓人形風車
着物を見ては泣き嘆き      /昔の人も子を思って
                    玩具や服を見て泣くのですね

達者な子供を見るにつけ    
なぜに我が子は死んだかと   
酷や可哀や不憫やと        
親の嘆きは汝らの
責め苦を受くる種となる   /私自身も同じ時期に妊娠した
                    芸能人のニュースを見るのが
                    辛いです。醜いです、私。



必ず我を恨むなと
言いつつ金棒振り上げて
積んだる塔を押し崩し

汝らが積むこの塔は
ゆがみがちにて見苦しく
かくては功徳になりがたし
とくとくこれを積み直し
成仏願えと責めかける

やれ恐ろしと幼子は      
南や北や西東   
こけつまろびつ逃げ回る    /子供が必死に鬼から逃げるところ
                    節分の豆を投げたくなります


なおも獄卒金棒を
振りかざしつつ無惨にも
あまたの幼子睨み付け
既に打たんとするときに
幼子怖さやる瀬無く
その場に座りて手を合わせ
熱き涙を流しつつ
許したまえと伏し拝む

拝めど無慈悲の鬼なれば   /鬼は、胎内にいるときから
取り付く幼子はねのけて     親からの愛情も手間もかけてもらってる
汝ら罪なく思うかよ        のだから、なぜその恩を返さないのかと  
母の胎内十月の内        攻め続けます。
苦痛さまざま生まれ出て
三年五年七歳と
わずか一期に先だって
父母に嘆きを掛くること
だいいち重き罪ぞかし

娑婆にありしその時に 
母の乳房に取りついて
乳の出でざるその時は
責まりて胸を打ち叩く     /・・・叩いてほしかった


母はこれを忍べども
などて報いの無かるべき
胸を叩くその音は
奈落の底に鳴り響く

父が抱かんとするときに
母を離れず泣く声は
八万地獄に響くなり

父の涙は火の雨と       
なりてその身に振りかかり   
母の涙は氷となりて 
その身をとずる嘆きこそ
子故の闇の呵責なれ      /ここが、すごく大事。
                   泣いてばかりいてはいけない!


かかる罪とがある故に
さいの河原に迷い来て
長き苦患を受くるとぞ
言いつつまたもや打たんとす

やれ恐ろしと幼子が
両手合わせて伏し拝み
許したまえと泣き叫ぶ
鬼はそのまま消え失せる    /鬼、やっと退場

河原の中に流れあり
娑婆にて嘆く父母の 
一念届きて影映れば
のう懐かしの父母や
飢えを救いてたび給えと
乳房を慕いて這い寄れば    /子供が恋しさのあまり、
                   父母の幻を見ます。


影はたちまち消え失せて
水は炎と燃え上がり
その身を焦がして倒れつつ
絶え入ることは数知れず

峰の嵐が聞こえれば
父かと思うて馳せ上がり
辺りを見れども父は来ず
谷の流れの音すれば
母が呼ぶかと喜びて
こけつまろびつ馳せ下り
辺りを見れども母は無く

走り回りし甲斐もなく
西や東に駆け回り
石や木の根につまづきて
手足を血潮に染めながら     /叶わぬ願いだけど、手当てしてあげたい

幼子哀れな声をあげ
もう父上はおわさぬか
のう懐かしや母上と
この世の親を冥土より
慕い焦がれる不憫さよ

泣く泣くその場に打ち倒れ
砂をひとねの石まくら
泣く泣く寝入る不憫さよ

されども河原のことなれば
さよ吹く風が身にしみて
まちもや一度目をさまし
父上なつかし母ゆかし
ここやかしこと泣き歩く

折しも西の谷間より
能化の地蔵大菩薩
右に如意宝の玉を持ち
左に錫杖つきたまい
ゆるぎ出てさせたまいつつ   /ここでやっとお地蔵様登場

幼き者のそばにより     
何を嘆くかみどりごよ      
汝ら命短かくて
冥土の旅に来るなり
娑婆と冥土はほど遠し
いつまで親を慕うとぞ     /どうか、どうか私の代わりに
                   子供を守ってあげてください


娑婆の親には会えぬとぞ
今日より後は我をこそ
冥土の親と思うべし
幼き者を御衣の    
袖やたもとに抱き入れて
哀れみたまうぞ有難や

いまだ歩まぬみどりごも 
錫杖の柄に取り付かせ 
忍辱慈悲の御肌に   
泣く幼子も抱き上げ  
なでさすりては地蔵尊    /うちの子はすごく小さいので
                   どうか見過ごさないで


熱き恵みの御涙    
袈裟や衣にしたりつつ
助けたまうぞ有難や

大慈大悲の深きとて
地蔵菩薩にしくはなく
これを思えば皆人よ
子を先立てし人々は
悲しく思えば西へ行き

残る我が身も今しばし
命の終るその時は
同じはちすのうてなにて
導き給え地蔵尊
両手を合して願うなり

南無大悲の地蔵尊
南無阿弥陀仏阿弥陀仏

南無延命地蔵大菩薩


真言
おん か か か び さんま えい そわか



天使膠原病と妊娠の話天使
 →膠原病に関する内科と眼科と歯科に行ってきました。(自覚なしの妊娠初期症状)
 →妊娠発覚。膠原病と妊娠と薬の副作用。
 →繋留流産。10w
 →妊娠発覚から、繋留流産手術、そして術後までの流れ
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(1)前処置
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(2)手術本番
 →地蔵和讃 〜早世した子供を守るお地蔵様〜
 →流産後の膠原病内科と産婦人科 受診記録(1週間後)
 →繋留流産手術から1か月。膠原病と妊娠とめまいの関係





【カテゴリー:心と体の健康法】  |t.0 |comments(9) |▲TOP▲|

コメント
「おん か か か び さんま えい そわか」

昔、大阪駅の近くにあるお地蔵さんのところに、この真言が書かれてありました。

子を失った悲しみは私にはわからないけど、みみべ〜さんの心が少しでも軽くなりますように。


このところ、プレドニンは11と12ミリの隔日です。
副作用も昔に比べたらちょっと色々出てきました。
一番気になるのは、知覚過敏です。
これって歯医者に行くべきなのかどうなのか、副作用で歯自体は悪くないんだから、行かなくていいのか?
日々悩んでいる私でございます。
しかも、骨粗鬆症も出てきてその薬も飲んでいるので、主治医からは、この薬を飲んでいる時は歯医者で治療を受けられないよと言われているので、まいっています。

みみべ〜さんは、どうですか? 
  • ナオ
  • 2010/03/07 9:01 AM
すごく長い日記なのに読んでくださって
ありがとうございます。

お地蔵さんが、今までもこれからも
子供を見守ってるということが
それだけで、心が軽くなります。

掲示板でも癒されて、だいぶ元気です。
ナオさん、お勧めの本も読んでみますね!

知覚過敏は、入院治療で60咫腺械悪啝箸辰討觧に感じました。
何を食べても、飲んでもキーンとして辛かったです。
食べる楽しみを奪われるって辛いですよね。
(私は食いしん坊なので特に・笑)

担当の先生に言っても、「う〜ん」とおっしゃってて、
薬を減量していく段階で気にならなくなってきたのですが、
やっぱり、ステロイドを大量か長期服用で出る副作用なんでしょうか。

骨粗鬆症はフォッサマック?
歯医者の治療ができなくなるんですね…。
骨と歯。どっちも大事だし。

自衛策として、あまり冷たいものは飲まないようにしています。
夏でも、あったかいお茶とか飲んでます。
体を冷やさないほうが健康にいいって聞いたのもあるんですが。

ん〜。困りましたね〜。
みみべ〜さん、

親が未練残して泣いてたら、子は三途の川を渡れず成仏できない・・と聞いた事がありますが
これの事なのでしょうか。

これからはお地蔵さまが冥土の親になってくださるんですね。
そう思うと心がホッとします。

赤ちゃんの分までみみべ〜さんが元気に生きてくださいね。


ナオさん
うちの母も骨粗鬆症のお薬飲んでて、歯医者で治療断られて困っていたことがあったんですが
近くに新しくできた歯医者へ行ってみたら
治療できると言われ今はそこでいつも治療を受けています。

どういうことなのでしょうね。
また母に聞いてみますね。
  • ぷーどる
  • 2010/03/08 10:11 AM
ぷーどるさん、それですそれです!
お地蔵さまがなぜ、いつもお供え物がたくさんあって、大事にされてきたのか氷解しました。
私も、そっと手を合わせながら生きてきます。


さて、骨粗鬆症。
誤:フォッサマック →正:フォサマックですね。
googleで検索して間違いに気付きました。

って、フォサマックじゃなかったら
明後日の方向の答えになってしまうんですが、
抜歯でない場合、治療もできるようですね。

顎間接治療のとき、歯医者には何も言われなかったので、知覚過敏の治療には支障がないのでは??
膠原病の先生が歯医者はダメって言ったのは、歯医者の治療=虫歯や抜歯という認識なのかも??

知覚過敏がひどいようであれば、一度、歯医者さんに足を運んで確認してみるといいと思います。

あ。でも、ぷーどるさんのお母様に聞かれてからがいいかな。
無駄足は嫌ですもんね。
骨粗鬆症のお薬について、情報をありがとうございます。

私の服用している薬は「ベネット錠」というもので、
週に1度だけ服用します。
なにか、骨量増やす薬「アルファロール」を定着させる為の薬だそうです。

ご心配ありがとうございます。
知覚過敏はマシになったような気がするので、とりあえずは様子見とします。
  • ナオ
  • 2010/03/08 7:17 PM
こんばんは。

今日母の所に行った時、骨粗鬆症のお薬の事聞いたのですが
全然詳しくなくて話にならないので(;一_一)
ちょっと調べてみました。

母が飲んでるのもナオさんと同じ「ベネット錠 17,5咫―毅渦麌用」でした。

なので、このお薬に関してですが


(服用3年以上 or 3年未満ステロイド併用)→歯科治療の3か月前から薬を中止する。

(服用3年未満)→歯科治療を延期・中止したり、経口薬を中止する必要はない。


歯科治療により顎骨壊死になる可能性がある。
顎骨壊死のリスク因子は→抜歯・インプラント・歯周病の外科的治療

あごの骨や歯肉を傷つけない治療ならOK

顎骨壊死とは→顎の骨が露出したり腐ったりする事

母の場合まだ飲みだして3年たってないので、規制が緩いのかもしれませんが
ステロイドを併用していると、やっぱり気をつけないといけないみたいですね。

ナオさんの知覚過敏はマシになってきたとのこと、なによりでしたね。

参考URL貼っておきますね〜。

http://yama-yaku.or.jp/guest/soudan/078263.htm

http://www.tokyo-med.ac.jp/hmc/midori/09-09.html
  • ぷーどる
  • 2010/03/08 11:01 PM
ベネット錠でしたか!

明後日な方向へのアドバイスになってしまいすみません。
そして、ぷーどるさん。情報をありがとうございます。

ステロイドがないと体が維持できないので、仕方ないけれど、治療に弊害が生まれたりするので困り者ですよね。

そもそも、知覚過敏自体がステロイドの副作用だし…。


ナオさん。元気なさそうですね。
いつも元気をもらって、辛い時に励ましてもらっていたので、
今度は私が少しでもお返しできたら…、なにかいい言葉があれば…と思っているのですが浮かんできません。すみません、無力で。

ちょっと心配です。杞憂ならいいんですが…。
  • みみべ〜
  • 2010/03/08 11:25 PM
ぷーどるさん、詳しい情報をありがとうございます!
なんて頼りになるお方でしょう(感涙)
ほんと、自分で調べりゃわかるのに、すみません(恥)

みみべ〜さん
一晩経ったら、ましになりましたよ!
ご心配ありがとうございます。
  • ナオ
  • 2010/03/09 7:37 AM
ナオさん。本当ですか?よかったです!
知覚過敏、早くよくなりますように.。.:*・゚゚・☆
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode