繋留流産。10w

前回の記事で書いた通り、遺伝子カウンセリング外来を受けに新大に行ってきました。
その前に産婦人科でお腹の子を診てもらったのですが、心拍確認できず。
胎のうが2週間前より育っておらず、心拍も確認できず、生きていない、と。

繋留流産です。
おなかの中に、確かにいるんだけど、この子はもう生きてないんだって。

聞き間違えたかな…とも思ったのですが、はっきり聞こえたので、
内診台を降りて、
待合室にいる主人にも一緒に先生の話を聞いてもらいました。
そして、やっぱり、子供はもう育ってないと。

先生に、「気持ちの整理がつかないのならば、もう一回、日を改めて検査しますか?」
と聞かれたのですが、

「もう、お腹の中で育つ可能性は、心拍を確認することは、ほとんどできないんですよね」と、尋ねたらうなづいてました。

妊娠初期の流産は、1割と意外に多く、
薬を飲んでなくても起きうること、
染色体異常かもしれないし、そうでないかもしれないし、
原因は分からないこと。

そして、急な話だけど、今後はどうしますかって。
自然に体外に排出されるのを待つか。
それとも手術するか。

気持ちが落ち着いてから、判断されてもいいですよ、と仰ってました。

先生が、あまりにも丁寧に説明してくださって、
気遣いながら優しく言葉を選んでくれてるのも分かって、
そのおかげか、哀しいけれど、冷静に話が聞けて、


そして、手術することに決めました。

自然排出の場合、出てきた胎のうをビニール袋に入れて持ってきてほしいといわれて、
それは無理だなって。
病理解剖にまわすそうですが、見れないし、触れないし、受け入れられない。

それに、生理じゃない出血が怖い。
いつ出血するのか予測もできないし


もしかしたら、お腹の子は、もう少し、もう少しだけ、一緒にいたいのかもしれないけれど、手術に頼らないほうが、自然の摂理なのかもしれないけれど、
おなかにとどめておくのも、あまり良くないそうだし、
早く供養してあげたいと思いました。



産むか産まないかだなんて、だいそれたことを考えてたから、
愛想を尽かして、空に還って行ったのかもしれないし、

私が心配性なのを知ってて、心配かけないよう、
悩み事を増やさないよう、気を遣ってくれたのかもしれなしし、


…なんて、私にとって都合がよい解釈ですよね。



産んであげられなくて、ごめん。
育ててあげられなくて、ごめん。
弱くて、ごめん。



もし、あの世とか天国とかそういうものがあるのだとしたら、
おじいちゃんや、おばあちゃんや、大切な人たちが
そこにいるから、一緒にいてくれたらいいな。
私もいつか行くから
その日まで待っててくれたらいいな。

今すぐは無理だけど、
きっと行くから。
待ってて。


でも、できれば、もう一度、
おなかの中に戻ってきてください。

今度は、肉体的にも精神的にも、強くなるから。
わがままで、身勝手なお願いだけど。



短い期間だったけど、悩んだりもしたけれど、
やっぱり、あなたの存在が嬉しくて愛おしかったから。





前回の記事に妊娠のことを書いたので、結果報告でした。
書くことで、少し現実を受け止められた気がします。
お目汚し、失礼しました。

次は、手術のことを書くかもだし、
しばらく仕事に専念してるかもですが、
たぶん、元気に過ごしてると思います。


人工内耳のことも書きたいし、
ちょっと重たい話題が続いたので明るい話を書きたいです。


天使膠原病と妊娠の話天使
 →膠原病に関する内科と眼科と歯科に行ってきました。(自覚なしの妊娠初期症状)
 →妊娠発覚。膠原病と妊娠と薬の副作用。
 →繋留流産。10w
 →妊娠発覚から、繋留流産手術、そして術後までの流れ
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(1)前処置
 →稽留流産手術(日帰り入院・掻爬)について(2)手術本番
 →地蔵和讃 〜早世した子供を守るお地蔵様〜
 →流産後の膠原病内科と産婦人科 受診記録(1週間後)
 →繋留流産手術から1か月。膠原病と妊娠とめまいの関係







【カテゴリー:膠原病】  |t.0 |comments(7) |▲TOP▲|

コメント
そうですか〜〜、赤ちゃん亡くなってしまわれたんですか。
辛かったですね〜。


私の妹も、3男を6カ月で出産したのですが、生まれて1日で亡くなってしまいました。
もう15年くらい前のことですけど。

その時私が出生届と死亡届を同時に出しに行ったんですが、やりきれない気持ちだった事思いだします。

原因は血液の不一致とか・・・
母の血液が子の血液と合わなくて、攻撃してたようで
私も詳しい原因はわからないんですが、ずっと安静で入院してて、それでも6カ月で生まれてしまって、肺が未熟だったため1日で亡くなってしまいました。

妹はその時健康でなんのお薬も飲んでいませんでした。

きっとその子の運命だったんだな〜と思います。

みみべ〜さん、お辛いでしょうが亡くなられたお子さんの為にもどうか元気になってくださいね。

頑張って乗り越えていって下さいね。

赤ちゃんは、おじいちゃんおばあちゃん達と仲良く過ごしていますよ〜、きっと。

安らかに天に召されますように・・お祈りしています。
  • ぷーどる
  • 2010/02/24 4:32 PM
みみべ〜さん、おはようございます。

短い間に目まぐるしい状況変化があって、心がそれについていかないのでしょうね。
お察しします。

今は、とにかく心身が回復するよう無理せず、ゆっくり休んで下さい。
また、人工内耳や色んなお話を聞かせて下さいね。

  • ナオ
  • 2010/02/25 7:29 AM
命の有り様は様々。
お母さんの体調が回復されますように心より願っております。

妻は妊娠8ヶ月目にガンを発症。
自身の治療を1ヶ月遅らせ出産と同時にガンの摘出手術をした。
それから3年後、妻は旅立ちました。

既にずいぶん昔のことです。

時間が経ち、
それぞれが自らの足で歩みはじめ
長男は来週結婚します。
長女は昨年夏結婚しました。

命の本質とは
この世に生を受けた瞬間に
死を受けいらざるを得ないと言うこと。
だとすれば
今預かっている我が命、
めいっぱい可愛がり慈しむのも重要かなと感じています。

失礼の文言、お詫び致します。
  • 匿名希望
  • 2010/02/26 7:34 AM
これから手術で、前処置の点滴しながらブログを覗いたら、温かいコメントに、また泣きそうになってしまいました。ありがとうございます。

>ぷーどるさん
6ヶ月…。
胎動も、性別も分かる頃ですよね。
たとえ年月が流れても、癒されない傷ですよね。
不謹慎な話ですが、まだエコーで顔や体も見てないし、そこまで育ってる様子を見てない私は、そこまで傷は深くはない気もします。

それに他の方も同じ経験をされてることが、慰めにもなりました。
けして誰かの不幸を願ってるわけじゃないんですが、自分だけじゃないんですよね。

今、お母さまの看病で大変な時期なのに、ありがとうございます。



>ナオさん
せっかく前のコメントでステロイドと母乳の関係を教えてくださったのに、すみません。
ても、この知識は、いつかきっと役立てたいです。そんな日がくるといいなぁ。

主治医の先生と、cogan症候群がどうなったかの話、また聞かせてくださいね。
優しい言葉ありがとうございます。



>匿名希望さん
コメントありがとうございます。
小さいお子様を残して旅立たれてしまったんですね。そのときの奥様の心中や、闘病生活を支えたご主人の気持ち
  • みみべ〜
  • 2010/02/26 1:40 PM
すいません。手術に呼ばれました。


続き→


想像するだけで胸が詰まります。
でも、お子様がしっかり成長なさって、それぞれ伴侶を見つけて、幸せそうなその後が聞けて安堵もしました。


普段の生活の中では、「死」はすごく遠く感じるけど、本当はとても身近で、いつ、誰に起こるかなんて分からない。

それを忘れて生きてるけど、今回は命のありがたさ、貴重さを教えられた気がします。

影あっての光のように、「生」もまた、そのようなものなのかもしれないですね。

結婚式が素敵な式になりますよう、お祈りしてます。
コメント残してくださって嬉しかったです。ありがとうございました。
  • みみべ〜
  • 2010/02/26 5:31 PM
みみべーさん。
こんな大変なことになってたなんて…
まったく知らずにいました。。
大変な時に何の力にも支えにもなれなくてごめんなさい。。

悲しい結果になってしまったことも、誰のせいでもないですから…。

無理して元気になる必要はないけれど、
また、明るい話題がみみべーさんの回りにやってくることを祈っています。
  • ayami
  • 2010/02/26 6:18 PM
>Ayamiさん
膠原病に罹患する人は若い女性が多くて、結婚・妊娠・出産で壁にぶち当たりやすいん現実があるんです。

だから、なんだかんだでうまくいきましたよ〜と幸せなゴールまでの道程が書けたらいいな〜って考えもあったんですが、今回はダメでした。

でもでも、「今回は」です。次こそは!

それと、Ayamiさん繋がりで知り合えた人に、たくさんたくさん元気玉もらいました。Ayamiさんがこのブログにコメント残してくれなかったら、出逢えなかった縁なんですよ。凄いことですよね。

さらにAyamiさんのコメントでますます元気玉もたまってきましたし。
もう少し気持ちを吐露する内容も書くだろうけど、元気日記も書けそうです。
Ayamiさんのブログも楽しみにしてますね!
  • みみべ〜
  • 2010/02/27 2:28 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode