ネガティブなことを書きます。

2009年も、もうすぐ終わりということで、
今年の総括で、ちょっと詩(ポエム)ります。

詩なので、支離滅裂です。
オチもなければ、伝えたい内容もありません。
おまけにネガティブです。
ただ吐き出したいだけの言葉です。

2009年の最後のブログがこれでいいのかと
疑問が残りますが、いいんです。

いいお年を!!

***********************************


2009年で一番面白かったドラマ「」での名セリフ。
「神は乗り越えられない壁しか与えない」


この言葉に多くの勇気をもらった人も多いと思います。
私もその一人です。


でも、実際には乗り越えられない壁はあると思うのです。
どうしても乗り越えられない壁。

高くて、厚くて、頑丈で。


どんなに叩いても、けして壊せず。
どんなによじ登っても、まだはるかに高い。


乗り越えられる壁が壊せないのは、何が足りないんでしょうか。
自分の努力がまだまだなんでしょうか。
気合が足りないんでしょうか。


上杉鷹山の「なせばなる なさねばならぬ 何事も ならぬは人の 成さぬなりけり」
という言葉が好きでした。
努力していれば、きっと結果がでる、と。


でも、どうしても無理なものは無理な時、
それでも、まだまだ「がんばれ」と鞭打たれなければいけないんでしょうか。



今までの人生。
けして長くはなかったけれど、
山もあり、谷もありました。


朝、目が覚めるたびに
一つ、また一つと音が消えていく日々は、
底なし沼にずぶずぶと沈んでいく錯覚をおぼえました。


立っていられないめまいに、役割を果たしていない耳、
一人で日常生活を送れない自分に、過去の自分には戻れないことに、
苛立ちを覚え、失望し、居場所をなくし、生きる意味を自問自答しました。


下血、腹痛、めまい、難聴、頭痛…。
検査の結果、病名がついたとき、
症状は変わらずとも原因がわかっただけで、
それだけでも、やっと、居所を見つけてほっとしている自分がいました。


膠原病だと判明し、すぐに3か月の入院をしないと
命の保証はできないと言われた時、目の前が暗くなるという意味を知りました。


悲しみを感じない代わりに、喜びを感じることにも鈍くなり、
何をしてもリアルではない現実を、ただなんとなく過ごしてました。


人工内耳の手術をして、幼子の寝息を再び聴けた時、
穏やかな夜の幸せを教わりました。


長かった入院の反動で、家でご飯を作れる喜びを知りました。


我慢して、辛抱して、忍耐の日々から、
だれかと口喧嘩できるくらい元気になりました。


そのときは、もうこれ以上、泣けないと思った涙も
何かある度に、これでもかと流れる。


どでかい山も、深い谷も、
それほどでもなかったんじゃないか。
そんな気がしてくる。



だから、今、目の前にそびえる壁も、
全然たいしたなかった。ちょっとした障害物だったね。
そう思えるんだと思う。
きっと、そうだと思う。


でもって、また新しい壁にぶつかるたびに
「あ〜。だめだ〜。」と言って
泣くんだろう。


乗り越えないから、それは壁のまま。
乗り越えてしまえば、道端の小石に変わる日が来る。


できれば避けて通りたいような辛い過去が、
今の自分の自信につながっている。

それなら、歯を食いしばってでも、
やっぱり前を向いて生きていかねばならんのだ。
じゃないと、今までの自分に申し訳ない。


プラスマイナスゼロになるためには、
まだもらってないプラスの分を、がっちり神様にもらわないと。


【カテゴリー:心と体の健康法】  |t.0 |comments(4) |▲TOP▲|

コメント
>乗り越えないから、それは壁のまま。
>乗り越えてしまえば、道端の小石に変わる日が来る。

素敵な言葉ですね。
実際目の前にあるのを見ると、めちゃくちゃ大きくて絶対超えられないって思うのに、
振り返ってみるとホントにたいしたことなかったりして。

でも、いつもいつもずーーーっと強くあるのはしんどいから。

人間の目は前にしかついてないから、
前って結局は、自分が見てる方向なんだと思います。
時に疲れて振り返っても、
今、自分が見てる方向が前なんだって信じて歩いてればいいんだって。

自分の進むべき道に迷ったときは、そう思って歩いてます。

  • Ayami
  • 2009/12/28 8:29 PM
コメントの返信が遅くなってしまいすいません。
自分なりに立ち直るまで時間がかかってしまいました。


>人間の目は前にしかついてないから、
>前って結局は、自分が見てる方向なんだと思います。
Ayamiさんは素敵な言葉をたくさん持ってますね。

時に後ろ向きになっても、最終的には前を向いてればいいんですよね!
癒されました!ありがとうございます!!
  • みみべ〜
  • 2010/01/21 2:47 PM
今さらここに書き込んで良いものかと思いましたが…。

>できれば避けて通りたいような辛い過去が、今の自分の自信につながっている。

そうですよね。
みみべ〜さん、このページ、絶対消さないでくださいね。
今の私には、すっごく勇気をもらえるページですから。

いつかは必ず、道端の小石を蹴って遊べますよね。
  • Ruisui
  • 2010/02/07 11:41 AM
>Ruisuiさん
わわわわ。
すいません〜。ずっとパソコンで自分のブログを見てなかったので、やっとコメントに気づきました。
本当にごめんなさいm( __ __ )m

あまりネガティブなことは人に言いたくないし、
記録として残るブログにも書きたくないのですが、
Ruisuiさんに、「すっごく勇気をもらえるページ
」だなんて言ってもらえると、書いておいてよかったなぁ。

今、きっとすごく辛い環境にいるんですよね。
時間がかかるかもしれないけれど、
絶対に乗り越えられる日が来るはずですよ。

今までも、きっと何か試練があるたびに乗り越えてきたはずだから。


>いつかは必ず、道端の小石を蹴って遊べますよね。
うん。大丈夫です。
もし蹴れなくても、蹴ろうとがんばっただけでも、
きっと無駄じゃないと思います。

ちなみに、このとき書いた「壁」。
実際には解決してないんですが、
その壁を見て絶望を感じることはなくなりました。
人間って、ある程度は図太くできてるのかも。
  • みみべ〜
  • 2010/02/18 3:13 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Latest entries


【10件以上は表示されません。
 一番下まで読んで>>をクリック】

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode