ハイジの気持ちがよくわかる

問題のあるレストラン五話を見て、思わず泣いてしまって、
旦那に、えっ、そこ泣くとこ?と、突っ込まれた。

 ヤスケン演じる女装好きのゲイ・几ハイジ。
色んなタイプの女子が集まるなかで誰よりも女らしく、繊細。バラエティーに出てくるニューハーフの人のように道化に徹することもない。わざとらしいオカマ言葉やオーバーリアクションもない。演じてるヤスケンは男らしい顔と体格なんだけど、それがあまり気にならず、むしろモデルや海外の人ならこんな女性もいるよね…と思えてくるから不思議。それくらい女であることが自然、

ハイジは、パティシエの腕があるにもかかわらず、ゲイであるがゆえに雇ってもらえない。
だけど、訳ありの女たちが働くレストランで働くことになった。
彼女のつくるデザートは美しく、お客さんの評判も上々。
ある日、直接、お礼を伝えたいとホールに呼ばれる。
固辞する彼女。

強引に引っ張りだされ、
挨拶をする。

大きな体をちいさくし、
お客様の目は見れず、
うつむき、
小さな声で、
業務的にかしこまった挨拶をする。


ほんとの姿がばれないように。
でも、ばれてるのはわかってる。
消えてしまいたい、見られたくない。

無理だ。

ならば、せめて、
これ以上、恥をさらさないように。
笑われないように、指をさされないように。
大人の対応をする。
涙をこらえて。心を殺して。なにも感じないようにして。
この場が早く終わるように願いながら。

下を向いてた彼女に届いたのは、
拍手、拍手、拍手。

天をあおぐ。
涙がこぼれそうになる。

この拍手は、料理への称賛。
それ以上でも以下でもない。
 
お客様も、それ以外の他意はないだろう。
 
でも、それがどんなに嬉しいことか。
ゲイというだけで、職につけなかった。
笑われてきた。
 
ただ一人のパティシエとして、評価をうけられた。
私を私のままで受け止めてもらえた。
わたしはここにいていい。

 
寒いけれど、夜空がきれいなレストランで、
彼女はやっと、
お客様の顔を見ながら、
心からの言葉を述べる。
 
ハッピーバレンタイン!


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(0) |▲TOP▲|

「聴覚障害者の希望を職場で伝えることの重要性 −働く聴覚障害者・健聴者のコミュニケーションに関する調査から−」2014年7月
を読んでの感想。

クリックするとすぐにPDFファイルが開きますが、一部抜粋。
◆聴覚障害者は、「筆談してほしい」等の希望を持っているが、その希望を健聴者に必ずしも伝えていない。
◆聴覚障害者の93.5%は希望を「伝えることは大切である」と思っている。
◆しかし、半数以上は「伝え方が難しい」「伝えても理解してもらえない」「伝えることには遠慮がある」と思っている。
◆ただし、希望を健聴者に伝えた聴覚障害者の78.4%は、コミュニケーションがしやすくなったと回答している。
◇一方、健聴者のうち84.7%は一緒に働く聴覚障害者のコミュニケーション方法に関して「希望があれば遠慮なく言ってほしい」と思っている。
◇しかし、「どのような希望があるのか言われないとわからない」(64.7%)、「こちらからは希望を聞きにくい」(45.8%)、「希望を聞く機会がない」(44.7%)と思っている健聴者もいる。


お互いに希望を伝えることの重要性はわかっているのに、遠慮しあってるのがよく分かる統計です。どう伝えたら?どのタイミングで?どんな方法で?なども統計になっているので、ぜひ参考に!


読んでて何かに似てるなーと思って、お風呂入ってる時にひらめきました!

これって、
中学生の恋愛みたいですね(笑)
お互い好きで、もっと仲良くなりたい(知りたい)のに、
好きだからこそ、相手を気遣って空回りしちゃうあたりが。

相手からどう思われるだろう。
こんなこと言って嫌われたら怖いなー。
どうやって?どんなタイミングで?どんな言葉でならさりげなく伝わる?

もんもんと一人悩んでしまうけど、
思い切って言ってしまえばどうにかなるし、

場数ふめば、うまく伝えられるようになるあたりなんかも。

職場で難聴者を受け入れる方は、「聴覚障害者のための放射線部門におけるガイドライン」( 社団法人日本放射線技師会)が非常によくまとまってます。詳細は「難聴になって 病院受診・検査」(ぷーどるさんのブログ「ひとりごと」)にも書いてあり、コメント欄も含めていい情報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに今の職場には、私は面接時にどう接してほしいかを伝えてありました。
そのおかげか、初日からすんなりと希望を受け入れてもらえてたと思います。

私が入る前から、障碍者研修があったので、障害者への接し方を心得ていたのも大きいかもしれません。世間にはいろんな人がいて、その人に応じた対応をするのに慣れている職場なんだと思います。

それでも、難聴者を受け入れたのは初めての経験だったらしく、
私もどうしてもらえば働きやすいのか自分でもよく分かっておらず、
はじめから働きやすかった環境とは言えませんでした。

そんなとき、頼りになったのが上司の存在。

「口元が見えるように話す。」「聞こえていなそうなときは肩をたたく」等は伝えやすく叶いやすい希望ですが、「●●さん、もう少し大きな声で」「会議で書記を」とか、新人の私が言いにくいことを、上司がサラッと発言してくれるとすごく助かりました。

私の場合、上司と仕事をいっしょに仕事をするのが多かったので、上司と書いてますが、人によっては先輩社員でしょうか。職場にで発言力のある人に味方になってもらい、伝えにくいことを代弁してもらえるかどうかが、働きやすさに比例すると思います。

また、たった一人でも、自分の味方がいる事実がどんなに心強いことか!

一人だれかが、モデルケースになると他の人も同じように接してくれるようになるので、だんだんと職場に自分の居場所ができていきます。
そこまでがしんどかったりしますが、まずは3か月頑張って、次は1年頑張って、
2年、3年と継続していけばいくほどお互いに「伝え方」がうまくなっていきます。

「いま、聞いてなかったよね?」
「…!( ̄▽ ̄;) すいません!」

と、上司に表情で生返事がばれるようになってしまいました。
これは、上司がたまたま洞察力がある方だからかもしれませんが。

さて、職場にメールや文書で仕事内容を伝えてもらう一方、
私も聞き間違いによるミスをなくすためにしている努力を紹介します。
 


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(2) |▲TOP▲|

ブログの中断と再開

なにか明確な理由があって、ブログを中断していたわけではなく、
なんとなく書かなくなってから、気が付いたら書くきっかけをなくし、
今日にいたってしまいました。

あえて理由を挙げれば、
仕事や、育児や、日常で、なにか不都合があっても
「障害」を理由にしたくなかった。

逃げ癖がある私の、言い訳材料にしたくなかったんです。

聴覚障害のせいで本当にできないこともあるけれど、
がんばればできることも耳のせいにして、周りに甘えてしまうこともあったので、
あまり「障碍者」の自分を意識せず、障害の有無に関係なく、
自分なりに勝負してきました。がんばってきました。


なんとなく、本当になんとなく、
コメント欄を通じて交流してきた方々を思い出したんです。

なんでですかね。オリンピックがあったからでしょうか。
そして、また今の気持ちを書いてみようかなという気になってきました。


思い返せば、このブログを始めたきっかけは、
「障碍者の自分」を書くことで、自分のアイデンティティが再構築できそうだったから。

怒ったり、泣いたりしながら、感情のままに書いてきました。
書くことで、気持ちの整理がついたり、
色んな方からのコメントで発見がありました。本当に助かった。

でもその一方、何度も同じようなことで悩んでる自分がちょっと嫌になってきたんですよね。
書いてて、「またかよ」って。
自分も周囲も変化がないみたいで、嫌だなって。

だからブログから距離を置きました。

今は、激しい情動に身を任せるでもなく、
自分の心を無視するでもなく、
変な使命感を背負うでもなく、
等身大で書けそうな気がします。


たぶんね。


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(9) |▲TOP▲|

 相変わらず寒いですね。
 
 寒波が厳しかった冬がようやくあけて、暖かい日が続いてますね

 冬物やっと片付けようと思います。


…と、書きかけて下書き保存した記事がゴロゴロと。

改めて近況もかねてご報告。

最近は、あまり難聴のことで悩む時間も少なくなってきました。
今まであんなにうじうじしていたのがウソみたいに。

難聴という事実も、周囲の対応も変わったわけではないのですが、
仕事のこと、子供のことを考える時間が増えてきたこともあるし、
だんだん心が「タフ」になってきたんだと思います。
打たれて打たれて鉄のようになってきました。


あ、あと美容院行ってきたことも大きいかな。

難聴になってからずっと我慢してきたことの一つが、美容院に行くこと。

美容院に予約の電話を入れることも、
筆談をお願いすることも、
なによりカットなどされているとき、どうしてたらいいのか想像ができず怖かったです。

でも、勇気を出して行ってみてよかった(*^_^*)
セルフカットより当然きれいだし、
ちゃんと筆談もしてもらえたし、
あんまりにも普通に対応してもらえたので、肩透かしくらったくらいでした。


髪切ったら、悩んでたこととかも一瞬どうでもよくなっちゃいました。


美容師さんに「筆談ってめんどうじゃないですか?」って聞いたら、
「お客様に対してそんなこと思わないですよ。
 むしろ筆談してほしいって言ってもらえて助かりました」とのこと

美容師さんから筆談を提案するのは失礼かもと躊躇してしまうから、
もし聞こえづらくて困っている人はどんどん自分から言ったほうがいいかも。
伝える側も伝わらない辛さがあるそうだし。

美容師さんはテクニックはもちろん、
接客技術やサービス精神も求められる仕事だから、
筆談を断られることなんてほとんどないと思います。

だから、何度も筆談を断られたり、嫌な思いをしてきた私でも
また行きたいな〜と思える場所になりました。

女性って、髪型が決まったり、メイクがうまくいったり、好きな服を着ているとき、
テンションが上がったり、気分がよくなったりしません?

今までは聴覚障碍者だからと尻込みしていたけれど、
難聴になる前のように、気分転換したいときには美容院に行きます。

友達とお茶したり、飲みたくなったら、遠慮せず誘います。

聞こえてないことは恥ずかしいことじゃなくて、
相手と自分のためにちゃんと伝えます。

ちょっとずつ、自分のペースで、自分のしたいことを取り戻せていけたらいいな。

と、美容院行ってだいぶご機嫌なのでした。
我ながら単純だと思う。いい意味でね。


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(5) |▲TOP▲|

外出しようとするとき、
誰かに会おうとするとき、
新しいことにチャレンジしようとするとき。

いつも、この言葉を思い出します。
「できない理由を探すな」


聴覚障害だから、人に会いたくない。人と話すのが怖い。
これってい言い訳? 甘えてる?

「ちゃんと聞き取れないから、行きたくない」というと、
「今、こんな風に話せてるから大丈夫だよ」と言われます。


でも。普通の人のように聞こえてるわけじゃない。


病院で、名前を呼ばれていることに気付かず、
ずーーーーーーーと待たされたこと。
仕方のないので、神経を張りつめて、
雑誌に目を通すことも、ぼーっとすることもせず、
看護師さんの動きを注視なきゃいけない緊張感。


園や学校、地域の集まりや職場で、
自分だけ会話に入れない疎外感。寂しさ。情けなさ。

勇気を出して、筆談を頼んで、断られるせつなさ。

筆談に応じてもらえても、
もう一度繰り返し話してもらっても、
会話を止めてもらうことへの申し訳なさ。


これって、言い訳なのかな?
だから、人に会いたくないって弱音を吐くのは甘えなのかな?


さて、今度はもう一個、言い訳が追加。

10年くらい会ってない友人の結婚式二次会。
行きたくないと断言できれば楽だけど、
そんな不義理なことはできないし…。

耳が聞こえていた時の友人に会うには勇気がいる。
昔と変わってしまった自分を知られたくないし、言いたくない。

もし、もしも、
会って、話して、お互いにがっかりしてしまったら…。

思い出はキレイなままに残しておきたい。


「壁は乗り越えれば、自分を守る盾となる」(ケツメイシ)
乗り越えるってしんどいわ〜。

「人生転ぶことは恥じゃねぇ
起き上がらないことが恥なんだ!!」(両津勘吉)
まだ倒れて起き上れてないのかな、私は。


http://www.yomiuri.co.jp/adv/award/yaa/create/27/05.htm

読売広告大賞で、同じ景色でも違う感想を持たせる広告。
一枚のガラスで、世界は大きく変わる。
そんなガラスが私もほしい。



聞き耳を立てるあわせて読みたい聞き耳を立てる
  矢印人工内耳をつけて行った病院の感想
  矢印難聴者が雪道で会話すると、こう聴こえる。
  矢印難聴で友達は減っていくのか?
  矢印聴覚障碍者でも、PTA役員になるの?

パッド


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(9) |▲TOP▲|

今の自分と、友達に。

保育園でのママ友が〜という記事を書いて、
コメントでみんなに慰められてから、少し明るくなったおかげか、
職場の同僚から「ランチいかない?」「飲み行かない?」というお誘いをうけて
どぎまぎしています。

社交辞令だろうな〜と思っていたのに、
「携帯教えて」「メアド交換しよう」という流れになって、
「いつ空いてる?」「うるさくない店とか、オススメのお店知ってる?」と
本気で遊ぶ気がある様子。

で、嬉しいと同時に、困ってます。

誰かと仲良くなる方法なんて、ほんと、忘れてたというか、
自分には縁がないんじゃないかと思ってたので、どうすればいいんだろうと。
思わず、旦那に相談したら、「普通に友達と会う気持ちでいけば?」と。

いや、まったく、その通りだとは思うんですが、
初デートよりも緊張するというか、シミュレーションをしないと行けなそう。

店員さんの声聞こえなくても代わりに対応してくれるかな、とか、
店内のBGMがあまりに大きかったら、筆談してくれるかな、とか、
アレコレアレコレ…。




「今の自分」を受け入れられなくなることが、時々あるけれど、
そんな自分を必要としてくれたり、受け入れてくれている人の「存在」だけで、
「まいっか。」と思えてくるから、ふしぎ。


私が仲良くしている人は、
難聴になる前から知り合いの人ばかりなので、
「聴覚障碍者の自分」しか知らなくて、
それを受け入れてくれる友達を作るのはいいことなのかも。

と難し事は考えすぎず、楽しんで来よう。

聞き耳を立てるあわせて読みたい聞き耳を立てる
  矢印難聴で友達は減っていくのか?
  矢印仕事中の電話
  矢印聴覚障碍者でも、PTA役員になるの?


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(5) |▲TOP▲|

すっぱいぶどう

振り返ってみると、
人から遠ざかってしまう一年でした、去年は。

いろんな嫌なことを、
障害のせいにも、病気のせいにも、運命のせいにもしたくなくて
その結果、逃げ場がなくなって、
「嫌なこと」の原因になりうるものを排除して、
その結果、人から遠ざかってました。


保育園のママとも、もっと話したいし、聞きたいこともあるだけど、
どうしてもこう考えちゃう。 

  わたしなんかが話しかけていいのかな…、

 聞き取れなかったらどうしよう…、きらわれる…、


超マイナス思考からどうしても抜け出せず、
「疲れてるママ」「不機嫌ママ」「興味なしママ」のフリをして、
話しかけるなオーラをぷんぷんさせて、
誰とも話さないのは、あえてそれを選択している素振りをしてました。

振り返ってみると、何のためだったんだろう。


きっともう、これ以上は傷つきたくなくて、
傷つく前に頑丈な壁を作って安心してたんですね。
でもって、それを誰かに壊してもらおうと、夢見てた。


人と話さないからか、どんどん口角は下がるし、目つき悪くなるし、
いつの間にか、「フリ」じゃなくて、本当に性格悪そうなママになってきてるかも…。

と、鏡を見ていて気付きました。



聞き耳を立てるあわせて読みたい聞き耳を立てる
  矢印コウモリのジレンマ
  矢印浅田真央の鐘の怒りはどこへ
  矢印ネガティブなこと書きます。


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(9) |▲TOP▲|

タワレコの広告でおなじみの「NO MUSIC NO LIFE」!

このキャッチコピーはすごく有名で、
誰もが一度は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。
なんでも日本人のコピーライター箭内道彦さんが考案して、
本場本場アメリカやヨーロッパのタワレコでも使われるくらい秀逸なもの。

元ネタの『No pain, No gain』(意味:苦労なくして得るものなし)も好きなこともあって、すごく大好きだったコピーでした。

でも。

自分が難聴になってからは、このキャッチコピーが大嫌い!
だって、どんなに聞きたくても「音楽」が聞こえない。
「音楽のない人生なんてありえない!」っていうならば、
音楽が聞こえない私の人生はどうなっちゃったの?終わっちゃったの?って。


可愛さあまって、憎さ100倍!
あの黄色と赤で出来たロゴにすら苛立ちを覚えました。


…と怒ってみても、音楽が楽しめるわけでもないし、
いつしか怒りの感情はあきらめへと変わっていったわけですが。

せっかく人工内耳で「音」を取り戻したわけだし、
次のステップ「音楽」が楽しめるよう試行錯誤中です。
  ⇒浅田真央の鐘の怒りはどこへ
  ⇒人工内耳でのだめカンタービレを観た。



そこで朗報!

「人工内耳のための音楽会 〜届けたい きみの耳に音楽を〜」
  主催:洗足学園音楽大学音楽感受研究室
  共催:(株)日本コクレア

  日時:平成22年11月6日(土)第一部 11:00−12:00
                 第二部 13:45−15:30
  各受け付けは30分前
  会場:京都市右京ふれあい文化会館
  ちらし:http://www.cochlear.com/files/assets/KyotoMusic20101106.pdf


開催はもう終わっているのですが、
またやってくれそうです。

ぷーどるさんのブログに詳細なレポートが書かれていて、
自分も行けたらよかったのにな〜と、改めて思っちゃいました。
ヤフーのニュースにも、

『この日の音楽会では、奏でる音をカタカナの擬音で表現して舞台のスクリーンに上映。また、人工内耳をつけた難聴者にとって“たたく音色”が聞こえやすいことを生かして、研究員がペルー発祥の打楽器「カホン」やバスケットボールを床にたたきつける音でオリジナル曲などを披露した。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101109-00000005-san-l26

と書かれていて、
どうすれば、音楽を楽しんでもらえるか、
主催者が工夫を重ねてくれたことが伺えます。


でも、京都は遠い!日帰りはきつそう。
さらに、親戚でお食事会があったりなんかして、どうしても行けなかったんですよね。
(11月6日は、大安だったので^^)


次の機会にこそ、行きた〜い!


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.1 |comments(5) |▲TOP▲|

コウモリのジレンマ

ご無沙汰すぎるほど、更新サボってました。
掲示板を久々にのぞいて、盛り上がってるな〜と思い、


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(11) |▲TOP▲|

難聴で、友達は減っていくのか?

難聴になってから、友達は減った?

仲良くさせてもらってる方のブログや掲示板で話題に挙がっています。

読んだ時、正直「あちゃ〜涙」と思いました。
私の中で現在進行形の悩みで、解決法も対処法もイマイチ分からず
今後そんなものがみつかるかどうかも…。

続きを読む >>


【カテゴリー:人工内耳の日常】  |t.0 |comments(14) |▲TOP▲|

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Latest entries

profile

links

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

others

mobile

qrcode